アレルギーの原因はやっぱり食品添加物か?

無題

最近の子供は昔と比べてアレルギーを持っている子が多いと感じている人は多いのではないだろうか。花粉症などが多いが、中には食品アレルギーを持っている子も少なくない。

たとえば、小麦やそば、卵、牛乳などにアレルギー反応を示す子どもが依然と比べて多い。これらが食べられなくなってしまうと、日常生活には大きな支障をもたらす。

学校の給食を食べる場合でも、献立1つ1つを確認してアレルギー反応を起こす食材や成分が入っていないかどうかをチェックしなければならない。非常に手間が増える作業となるのは間違いない。

また、他の子どもは何も問題なく食べられる食べ物が食べられないという現実に直面してしまうと、食品アレルギーを持っている子どもは精神的にもつらい思いをすることになる。

こうした食品アレルギーになってしまう理由とがどんなものが挙げられるのだろうか。実は、それは詳しくはまだわからないのである。だが、ある一説には食品添加物に原因が存在するというものがある。

食品添加物は毒か?

食品添加物には2種類に分けられる。人工のものと自然由来のものの2通りだ。アレルギーの原因になるという疑いがあるのは、前者の人工添加物の方である。

人工の食品添加物には化学物質が含まれるものが多い。その化学物質には人体にとって有害である可能性が以前から指摘されている。

厚生労働省などの機関は、化学物質の中でも危険なものと安全なものとを分けていて、どんなものが危険であり、何が摂取しても安全なのかを公表している。

しかし、安全であるといわれている化学物質であっても、それはあくまでも「単体」で摂取した場合に限った話である。摂取した者は体内に残る。また、摂取する際にも複数の種類の物質を同時に体内に取り入れる場合も少なくない。

これらの食品添加物に含まれる化学物質が蓄積したり、他の種類のものと交わって何らかの化学反応した場合に果たして人体に悪影響がないことを確認されていない。したがって、本ように安全であるかどうかはわからないのである。

こうした人工の食品添加物は以前と比べて利用料が増加している。一方で、アレルギーを持つ子供の数の増える傾向にある。これら2つの事実に何かの因果関係があるのかどうかについて、確証はまだ存在しない。

ただ、化学物質が自然の人体に良い影響を与えているとは考えにくい。少なくとも何らかの影響を与えていると思うのは私だけではないだろう。細菌を殺す「薬」の成分ともなることがある物質が人体に対して影響ゼロとはどう考えてもならないだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です