トップバリュ「台湾ラーメン」が期間限定で登場!

台湾ラーメン

イオンのプライベートブランド:トップバリュの「台湾ラーメン」が2015年10月に発売された。期間限定ということだが、辛さやコクがあるのが従来の商品との違いとなっている。

値段はカップ版で税込み88円、5袋入りのもので税込みで248円と、通常のメーカー品よりも格安となっている。プライベートブランドならではのメリットといえる。

こうなると、価格が安ければ味もおいしくないと思うかもしれない。しかし、実際に食べてみるとそんなことは決してないことに気が付くだろう。

「台湾ラーメン」とは、にんにくとひき肉による香りに加えて、ピリ辛味のラー油を加えたスープを使ったラーメンのことを指す。発祥の地は名古屋であるといわれている。

とても辛い!

トップバリュ「台湾ラーメン」を食べた感想として率直に言うと、「とても辛い」と表現できる。「激辛」と呼ぶことができるだろう。唐辛子やラー油といった辛い食材が多く含まれているため、アツアツのラーメンを口にするととても辛さを感じる。

正直に言って、子どもや辛い物が苦手な人にはまったくおすすめできない。あくまでも、辛い物が好きな人におすすめできる商品である。

辛い物が嫌いな人には敬遠される商品であるが、辛い物が大好物の人からの評判は良い。イオンの1階の食品売り場に行くと、「台湾ラーメン」を買い物かごに入れる人が後を絶たない。

期間限定というステータスが与えられていることも理由の1つに上げられるだろうが、今までにはトップバリュの商品としてはなかったものなため、非常に人気のあるPB商品であることは確かではないだろうか。




トップバリュ「台湾ラーメン」が期間限定で登場!” への2件のコメント

    • 再び販売されるかどうかはイオンでないとわかりませんが、私としても是非もう一度口にしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です