鉄道現業職へ就職!難易度や倍率はどれくらい?

鉄道現業職には2つのコースが用意されている場合が多い。運輸系統と技術系統の2パターンである。

運輸系統では、いわゆる駅員、車掌、運転士といった、我々乗客が電車に乗る際に目にする職員になるためのコースである。具体的にやる仕事は、多くの乗客の目に触れるため、少なからずは誰でも予想がつくだろう。

一方の技術系統とは、主に電気設備の管理・修繕や保線、車両の点検などを行う人になるためのコースである。こちらは作業着を着て行う仕事の分野であり、乗客と直接触れ合うことは基本的にない。

鉄道会社の現業職の最終学歴としては、ほとんどの場合は高卒と専門学校卒、大卒である。高校から就職することもできれば、一度大学やその他の学校に進学してから入社することも制度上はできる。

ただし、応募者数とそれに伴う倍率の大きさは、高卒の場合と進学した場合とでは大きく異なる。高卒の応募者数の方がはるかに少ないことから、高卒での就職の方が倍率は小さく、難易度も低い傾向にある。

とはいえ、高校生の選考の場合、採用は非公開で行われることが多く、直接鉄道会社へ応募することは不可能だ。学校の進路指導課を通じて申し込む必要がある。そのため、沿線に住んでいる生徒限定ということになるだろう。

大卒では難しい?

大卒による現業職の募集を行っている鉄道会社は多い。かつてはすべて高卒だけでまかなって、大学生の方に関しては総合職という本社配属の社員だけを採っていた。しかし、大学への進学が一般的となった現在では、現業であっても大学生からも採用している。

大卒での応募の場合、マイナビやリクナビといったナビサイトと呼ばれる就活用のweb媒体から応募者を受け付けている。そのため、誰でも応募できる空く身になっているのである。

このことから、毎年すべての鉄道会社への選考受験希望者は殺到する。数名の枠に対して1万人近く応募するという現象も珍しくはない。これによって、倍率はかなりの数値となっている。

少ない募集枠に対して応募者がすごい人数になるという事実から、いくら現場で働く社員であるといっても、内定を獲得するまでの難易度はかなり高いといえる。

ただし、誰でも応募できるとはいっても、それらの大半が会社側にとっては最初から採る予定のない人材でない可能性が高い。特に私鉄の場合は、沿線に住む学生だけを狙っている可能性がある。

この点から、自分の居住地や出身地とはまったく縁のない地域の鉄道会社の選考を受けようとしても、実際には書類で落とされる例がほとんどであると受け止めるのが賢明であろう。

本気で鉄道会社の現業職の内定を獲得することを目指しているのであれば、自分の居住地や出身地に深く関係する事業者の選考に全力を継ぐことおすすめする。

おすすめ記事~今すぐチェック

鉄道現業職へ就職!難易度や倍率はどれくらい?” への4件のコメント

  1. ピンバック: 【就職】鉄道会社の総合職の難易度と倍率はどう? | INSIDE商品

  2. ピンバック: 倍率はいくつ?JR東日本のプロフェッショナル採用! | INSIDE商品

  3. ピンバック: JR東海、新卒採用の倍率は? やはり内定は難しい? | INSIDE商品

  4. ピンバック: 「駅員」という仕事はやはり大変なのか? | INSIDE商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です