トップバリュ「ベストプライス」はまさに激安!

トップバリュ・ベストプライス

イオンのPB商品であるトップバリュの中でも、低価格で値段の安さを重視しているのが、黄色のロゴが付いている「ベストプライス」である。激安な製品としてスーパーなどで取り扱っていて、家計の負担を少なくすることを追求している人から非常に人気のブランドとなっている。

このブランドのキャッチフレーズは、「納得品質で、地域いちばんの低価格」であり、可能な限り激安さを求めているのがわかる。

近年は、アベノミクスの影響によって景気が回復する傾向にあるとニュースや新聞で頻繁に報道されているが、実際には家計に余裕のある人は決して多くはない。むしろ、消費税の増税や円安のトレンドによって、逆に家計の負担が重くなっているという意見も少なくない。

こうした社会的な背景から、食料品や日用品、生活雑貨の値段の安さを追求する需要は多い。そして、そんな低価格を一番追い求めているブランドこそ、イオンのトップバリュ・ベストプライスであるのだ。

やはり、品質は悪い?

「安かろう、悪かろう」という言葉の通り、トップバリュ・ベストプライスの製品も品質は悪いのかというと、やはり従来のメーカーの製品や上位トップバリュ商品と比較すると、決して良くはない。

食品については、激安で低価格な一方で、味があまりおいしくはないという意見が多く、原料も中国産のものを多く使っている。あくまでも値段にこだわっている商品であることから、品質には付加価値がついていない点が、そうした意見が多い理由となっている。

日用品や生活雑貨に関しても、食品と同様に付加価値が一切ない。基本系の製品として、必要最低限の機能が付いているくらいにとどまる商品が多い。

しかし、そうした品質がイマイチであるのは事実であっても、需要自体は大きい。増税・円安といった社会のトレンドから、質ではなくてコストの方を追い求めている人たちにとっては、トップバリュ・ベストプライスの商品は家計の支えとなっているのは確かである。

家計に余裕がなければ、どんなに品質が良いアイテムが登場しても、値段が高ければ手が出せない。質とコストのどちらを重視するかは、人それぞれである。

格差社会となるつつある現代において、トップバリュ・ベストプライスを店舗に置いてあることは、激安であることを一番に考えている人は数多く存在することを表しているのではないだろうか。

おすすめ記事

トップバリュ「ベストプライス」はまさに激安!” への5件のコメント

  1. ピンバック: トップバリュの自転車(ママチャリ)が軽い! | INSIDE商品

  2. ピンバック: 「フルグラ」は中国でも人気?爆買いの対象に! | INSIDE商品

  3. ピンバック: 【イオンモール四条畷】ラウンジに潜入! やはり広い! | INSIDE商品

  4. ピンバック: なぜトップバリュは安い? 理由がある! | INSIDE商品

  5. ピンバック: イオンでトップバリュの「特売」はやらない? | INSIDE商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です