イオンでトップバリュの「特売」はやらない?

トップバリュ

トップバリュの商品の特売はあまり見かけないと感じたことはないだろうか。従来のメーカー品であれば、「広告の品」としてチラシに掲載されたものが通常時よりも安い値段で店頭に並べられているのを見かける。

しかし、イオンの自社ブランドであるトップバリュの商品の場合、あまり広告の品として特売をやっているのを見かけない。特に食料品においては、ほとんど定価での販売となっている。

食料品は定価のまま?

トップバリュの商品の中でも食料品に限った話では、チラシに掲載されることはほとんどゼロである。「広告の品」として日曜日や火曜日に安売りされる商品は正規メーカーのものばかりであり、これらは期間限定の価格で販売される。

メーカー品の場合、チラシの対象品となっている期間は通常時よりも安く売られる一方、それ以外の期間はほとんど低下に近い価格で販売されている。この場合、トップバリュなどのPB商品よりも値段が2~3割ほど割高となっている。

こうしたことを考えると、トップバリュの商品は1年中一定の安い価格で販売されていることがわかるだろう。常にメーカー品よりも価格が安いのも特徴である。

チラシに掲載されるような安売りは行われないものの、いつでも低価格で安定して販売されているといえる。もともとの定価が低く抑えられていることから、わざわざ特売日などにスーパーに行かなくてもいいというわけだ。

従来の商品の場合、安くなるのは広告の品として出されている期間だけに限られてしまうため、家計の節約を心がけるのであれば、特定の日に食料の買い出しに行かなくてはいけない。

また、期間限定ということで不要な分までカゴやカートに入れてしまって、無駄な買い物をしてしまう可能性もある。これは、かえって家計にダメージを与えることになってしまう。

しかし、トップバリュであれば、いつても同じ価格でしかも安いことから、特定の日を買い出しに当てたり、無駄な買い物をしたりする心配が一切ない。

特売のように大規模な安売りが行われないのは残念なことと感じるかもしれないが、その一方でいくつかのメリットもあるのが、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の食料品ではないだろうか。

おすすめ記事