【Giant Escape】高校や大学への通学にはピッタリか?

Giant Escapeシリーズには、r3やRX3、AIRなどの車種があるが、どれもクロスバイクとしては品質が良く、数あるメーカーや種類がある中でも特に高い人気を誇っている。




高校や大学への通学用の自転車としてもピッタリであり、非常に使いやすい。値段がそれほど高くはないが、重量が10kg台以下と軽いため、少ない体力でも長距離の移動が楽になるのが、Giant Escapeシリーズのクロスバイクならではの特徴である。

中学校の場合は学区による制限があって、自宅から学校までの距離が短く、しかも自転車の種類に制限を設けているところが多いこともあって、銀色のふつうの軽快車が一般的である。

Giant Escape R3

出典:ジャイアントストア公式HP giant-store.jp/sakai/bike/1849/

しかし、高校以上となると、学区の制限がなくなり、自宅から学校までの距離が長くなる傾向になる。そうなると、自転車通学を行うにあたっても、より疲労感を少なるできるような種類の自転車が求められる。

そんな要望に応えているのがクロスバイクであり、特にコストパフォーマンスに優れているGiant Escapeシリーズはその定番の例であるというわけだ。だからこそ、通学の自転車としては非常におすすめなのである。

5万円、なんて高すぎる!

ただ、値段は決して安いとは言えないだろう。「自転車は1万円以下で買うのが常識!」と考えているような人にとっては、特に値段が一番の欠点となるのではないだろうか。

クロスバイクをはじめとするるぽーつタイプの自転車の場合は、どうしても価格が高くなり、ルック車ではなくて性能の良い車種となると、5万円くらいはかかることとなる。

2,3万円で店で売っているものもあるが、そういった安いクロスバイクはルック車であり、ギア数が少なく、しかも重量が14kgくらいあったりして重い。決して、少ない体力で通学するという目的を果たすことができない。

金銭的な余裕がない人にとっては、Giant Escapeシリーズをはじめとするクロスバイクを買うハードルは多少高いかもしれない。

とはいえ、それでも電車やバスなどの交通手段を続けて使うよりは安上がりとなる。定期券代を何年も払い続けると、その金額はクロスバイクの購入費をはるかに上回ることだろう。そう考えると、決して高価な贅沢な買い物ではないと思える。

おすすめ記事




【Giant Escape】高校や大学への通学にはピッタリか?” への2件のコメント

  1. ピンバック: クロスバイクに「ヘルメット」は果たして必要か? | INSIDE商品

  2. ピンバック: 寿命はどれくらい? クローザープラスの評価! | INSIDE商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です