クロスバイク通勤・通学、雨の日はみんなどうする?

近年はスポーツタイプの自転車が注目を浴びていることから、その代表格で使いやすいクロスバイクに乗って仕事先への通勤や学校への通学に使っている人が多い。

しかし、気になるのが悪天候の時の移動手段である。雨の日はどうするべきなのだろうか。晴れの日と同じようにクロスバイクで通勤・通学に利用するべきなのか、それとも自転車の利用は控えて電車やバスなどの公共交通機関を使うべきなのだろうか。

この判断はとても難しいだろう。物理的には、雨が降っている場合でもスポーツタイプの自転車で仕事先や学校のある場所に行くことは可能である。しかし、荷物がぬれたり、衣服が汚れたりする可能性は否定できない。

雨の日の路面状況はとても滑りやすいため、スポーツタイプの自転車だと危険性がアップすることも否定できない。

このようなことから、クロスバイクを日々使っている人は、雨の日は一体どうするできなのだろうか。

装備があれば問題なし!

結論から言うと、雨天時のための装備がしっかりしていれば問題はない。レインウェアを用意し、バッグなどの鞄は防水処置が施されているものを使うのであれば、雨の日であってもクロスバイクで通勤・通学をすることは可能だ。

ただし、クロスバイクにはママチャリとは違って、デフォルトでは泥除けがついていない。そのため、路面の水が飛び散る。なので、多少は汚れても良いような装備でなければならない。

特に背中に背負うリュックを使う場合には、跳ねた水が簡単にふき取ることができるようなものでなければならない。防水になっているバッグであればそれができるが、メッシュ記事などは御法度である。

また、安全性についても、晴れの日よりは転倒などの危険性が増すのは事実である。したがって、普段ほどスピードを出すわけにもいかない。

雨の日もクロスバイクで通勤や通学に使う場合であっても、できるだけゆっくりと走れるようにするために、普段よりも時間に余裕を持って自宅を出発することが求められる。悪天候だからこそ、慎重な運転を心がけるのが大切であるのは、言うまでもない。

もし、雨の日のための対策ができないのであれば、クロスバイクで移動するのはあきらめて、電車やバスといった公共交通機関を使って目的地まで移動するしかない。

おすすめ記事