【地下鉄千代田線】将来ホームドア&ワンマン運転は行われる?

綾瀬~代々木上原を結ぶ東京メトロ千代田線も将来的にはホームドアが全駅設置されて、さらにはワンマン運転も行われるようになるのだろうか。

東京地下鉄ではすでに有楽町線、副都心線、南北線、丸ノ内線においてホームドアがすべての駅に設置されているが、それ以外の路線ではほとんど取り付け進んでいない。千代田線もその1つである。

ホームドアがあれば、ホームへの転落する人がほとんどゼロになる。これによって、人身事故が発生することがかなり少なくなり、よりダイヤ通りの列車運行ができるようになる。

16000系

実際、千代田線は人身事故が多い路線でもあり、ラッシュ時にホームへの転落者が発生することで膨大な乗客に影響を及ぼすことがよくある。

また、電車が駅を発車する際、乗降終了後にドアを閉めてから電車が実際に動き出すまでの時間が短くなる。安全確認の手間が少なくなることから、よりロスタイムが少なくなる手段ともなる。

現在のところ、千代田線ではすべての駅にホームドアが設置される予定になっている。そのため、そう遠くはない時期にはホームドアの工事が行われて、人身事故などが少なくなってダイヤが乱れる頻度が下がる可能性が高い。

ワンマン運転

では、ワンマン運転が行われるようになるのはいつになるだろうか。これに関しては、ホームドア設置の後となるのは確かであるが、時期は未定だ。

ワンマン運転を行うための準備はすぐにできるものではない。千代田線に乗り入れる車両のすべてでワンマンのための改造処置を行わなければならない。

千代田線の場合はJR常磐線と小田急線にも相合直通運転を行っている。つまり、東京メトロ所属の車両だけ改造すればよいわけではなく、JR東日本・小田急所属の車両までも改造しなければならなくなる。

これには多額の費用と時間がかかる。実際、副都心線でも相当のコストと時間を要した。千代田線でも同じようにするとしても、近い将来に行われる可能性は低い。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です