【京葉線】遂にATOS登場! 駅放送が変わった!?

JR京葉線でも2016年9月25日からATOSが導入され、これに伴って駅の放送の形式と声が変わった。他の首都圏の路線と同じスタイルになった。

ATOSの正式名称は「東京圏輸送管理システム」と呼ばれ、列車の運行管理と信号などの機械制御を行うコンピューターシステムのことを指す。

駅構内の案内放送もこれに連動する形となっていて、「7:00発各駅停車東京行きが参ります」といった自動放送の発動もこのATOSというコンピューターシステムが行っている。

駅の放送の声と台詞が変化!

京葉線E233系

wikipediaより

京葉線以外の首都圏のJR東日本の路線では既に導入されていたが、京葉線だけは取り入れてこなかった。そのため、山手線や総武線、東海道線などの他の路線とは違った放送形態であったのである。

鉄オタと呼ばれるファンの人々の間ではこれまでの京葉線の放送設備は好まれてきた。当然、これがなくなって他路線と同じ形になったことにより、残念がる人は少なからず存在するだろう。

ただ、それでもちょっとした恩恵を受ける人は多いはずだ。これまでの放送では、次の電車が何時何分に来るのか、あるいは遅延時に列車が何分遅れているのかという情報を放送から耳にすることはできなかった。なぜなら、ATOS以前の放送では次列車や遅延の案内はなかったからだ。

こうした案内放送が流れるのはATOSが導入されたところに限られる。山手線などではこうした情報をアナウンスする放送があったが、京葉線にはなかった。

なお、発車メロディーについてはこれまでと同じ音源である。列車運行管理システムが変わったからといっても、発車メロディーに関する装置はこれとは別であるため、曲は変わっていない。

ただし、発車メロディーが鳴り終わったときのドア閉め放送は変わった。これまでの京葉線は、「1番線、電車が発車します。ドアが閉まりますからご注意ください」という台詞であったが、ATOS導入後は「1番線、ドアが閉まります。ご注意ください。」に変化し、台詞の長さも短くなった。

おすすめ記事