オリエンタルランドの新卒採用、倍率はいくつ? 難易度はMAX!?

オリエンタルランドの就職難易度はどれくらいのレベルなのか。毎年新卒採用を行っているが倍率はいくつになるのか。

東京ディズニーリゾートを運営する企業として、特にDisneyに興味関心のある人が数多く新卒の採用に応募する。大卒の求人となっているが、どの大学からもかなりのエントリーボタンをクリックする。

disney

Disneyといえば世界的に有名であることから、だれでも知っているだろう。そうしたことから、オリエンタルランドの就職を希望する人が殺到する。

給料に関しては、大卒初任給で約20万円であり他の会社と変わらない数値となっている。平均年収は700万円前後。平均勤続年数は約20年。こちらも他社と差がないような内容となっている。

倍率は高すぎる!

倍率についてであるが、具体的には200~300倍くらいである。これはエントリーの段階での数値であり、ESを提出する人はエントリー数よりも下がるため、実質的な倍率は150倍くらいではないだろうか。

その前にWebテストがある。数的処理、国語、性格テスト、SPI、図形などがその内容であるが、この時点で落とされる例もかなり多い。もし時間があるのであればぜひ対策をしておきたいものである。

面接まで進める人はごく一部であり、大半は書類選考の段階で不採用が確定する。志望動機や学生として頑張ったこと、入社後に実現したいことをきちんと考えたうえで応募しないとかなりの確率で落とされるのは間違いない。

なお、パーク内でのアルバイト経験は新卒採用では関係ない。ディズニーランド・ディズニーシーでアルバイトをしていたからといってそれが有利になるわけではない。たとえ経験があったとしても書類選考または面接で不採用になる可能性は大いにある。

何よりも多くの学生が応募するため、倍率はかなり高い。内定を獲得するまでの道のりは険しい。仮に内定をゲットできたとしたら、それはかなりラッキーな出来事となるのは言うまでもない。