【倍率は?】三井住友銀行の新卒、採用の難易度はどれくらい?

三井住友銀行の新卒採用の倍率は一体どらくらいの数値になるのだろうか。大手メガバンクの1つであり人気が高いのは間違いない。




就職先としては誰もが知っている会社であり、毎年多くの学生がエントリーする企業である。応募者が殺到するため、当然ながら内定を取るまでの難易度はかなり高い。ほとんどの人が不採用になるのは目に見えている。

倍率はエントリーシート提出の段階で50~100倍程度になると考えられる。もちろん、これだけの人数がESを出すことから、大半の人は書類選考の時点で落とされる。面接まで進めるのはごく一部の優秀な学生に限られるのは言うまでもない。

smbc

なお、三井住友銀行は毎年大量に新卒の人を雇用するため、応募者数や倍率に関してはあまり年による変動がない。したがって、就職難易度もほぼ固定されている。

面接選考の倍率は?

1次面接まで進むことができると、その時点で倍率は10倍くらいに収まるのではないだろうか。ほとんどの応募者はすでに不採用が確定しているが、面接に進めたからと言って内定が手元に近いわけではない。

三井住友銀行では4、5回面接が行われる。最終面接まで進めるのはわずかな割合の学生であり、その時点での倍率は1.5~3倍程度であると考えらえる。

最終面接では入行意志などを中心に聞かれる。志望動機や学生時代に頑張ったことなどは初期の段階で聞かれる内容であるが、役員面接まで行くと本格的に入行するにあたってその人が向いているのかどうかがみられる。



体育会系が多数?

ところで三井住友銀行の場合、ほかの銀行と比べて内定者は体育会系という印象が強い。スポーツが得意な学生が採用される傾向にあり、運動が苦手が人はあまり見受けられないという話がよく聞かれる。

就活全体として体育会系の人はきつい仕事やストレスに強い傾向あることから内定を獲得しやすいと言われている。三井住友銀行に限ったことではないがここ々の場合は特にスポーツ系の大学生が強いといえるのではないだろうか。

特に全国総合職の場合は体育会系が多い。地域総合職や一般職に関してはさまざまである。とはいえ、一番人気の職種は全国転勤ありのコースであるため、どうしてもそういったイメージがつく。

おすすめ記事