【理由は?】JRの「運賃」はなぜ私鉄よりも高いのか?

JR各線の運賃は私鉄よりも高い場合がほとんどであるがその理由とは何か。

東京・名古屋・大阪・福岡のいずれの地域でも距離に対する乗車券の値段は民鉄の方が安い傾向にある。特に並行する区間ではその傾向がかなり強く、私鉄が大幅に割引していることが多数ある。

たとえば、関東では京王や東急、小田急、東武、京成はJR東日本よりも運賃が安い。関西では阪急や阪神、京阪、南海、近鉄の方がJR西日本よりも安い。名古屋地区では名鉄の方がJR東海より低料金となっている。

日本の鉄道=JRといっても過言ではないほどそのブランド力は強い。元国鉄ということで都市部のみならず地方にも線路を伸ばしている。利用する人もかなり多く、しかも日本中どこでも線路がある場合が多い。

運賃が高い原因とは?

JRの運賃

私鉄各線の場合、自社の線路は都市部またはその近郊までの場合がほとんどである。東武鉄道や近鉄は多少地方の田舎まで伸ばしているが、それでも大部分は都市圏内である。

都市圏内にしか電車を走らせていないということは、収益率もかなり良い状態となっていることを意味する。都市部の場合、利用者数はかなり多いことから電車1本走らせただけでもものすぎ売り上げが発生し、鉄道会社への粗利率は高い。

一方、JRの場合は地方の利用者数が少ない地域にまで電車を走らせている。田舎の場合は人口が少ないことに加えて車社会が定着しているため、鉄道の需要はない。したがって、電車走らせれば走らせるだけ赤字になるという場所もいくつか存在する。

田舎の路線の収益性はかなり悪い。しかし、会社が事業を継続していくためには利益を上げなければならない。そこで、都市部の利用者に運賃を上乗せして徴収することで地方でのマイナス分を補てんすることができる。

都会のJRユーザーが地方の赤字分を負担するという構図になっていることが、近くを走る私鉄よりも運賃が高めに設定されている理由である。

それでも割引している例も!

しかし、JRと私鉄が並行している場合は運賃を割り引きしていることがある。もしJR側の料金がはるかに高かった場合、利用者はかなり離れて行ってしまう。

そこで「特例運賃」を設けていることがある。たとえば、東海道線の品川~横浜では本来は390円かかるところ290円に抑えている。これは京急と並行して走る区間であるためだ。

関西のJR京都線の大阪~京都では710円のところを540円に特定区間運賃として割引されている。阪急や京阪と並行して走る区間であるのが理由である。

区間に対してキロ数で算出される運賃よりも安く設定された運賃が「特定区間運賃」というものである。私鉄との競合を意識した価格に設定している。ただし、それでも私鉄よりは高い場合がほとんどである。

おすすめ記事