【つくばエクスプレス】最高速度130km/h! どこの区間で出す?

つくばエクスプレスはスピードが速いという点で有名であり最高速度は130km/hに設定されている。主に直線が長いところで出すが実際にMAXまで加速する区間は具体的にどこなのか。そして快速だけでなく各駅停車でも出せるのか。

2005年に開業した新しい鉄道路線であるが、普通列車でもかなりのスピードを出すということで首都圏の中でもかなり速達性が充実しているといえる。現在のところは各駅停車・快速・区間快速の3種類の列車が走っているが、いずれの種別でも130km/hが最高速度となっている。

どの区間で?

TX

快速の場合は停車駅が少ないため、130km/h出せる区間はかなりある。秋葉原~北千住まではすべての駅に止まり、しかも駅間距離が短くてカーブが連続することからスピードがゆっくりだが、北千住を出ると一気に100km/h以上の高速域に入る。

地下区間では駅通過時はホーム上の風圧の問題から95km/hまで減速する。しかし、駅を通過すれば120km/h程度まで再び加速する。ただし、路線全体の最高速度までは出さない。

高架区間に入ると直線さえあれば加速する。八潮駅付近からは130km/hの運転に入り、それ以北ではカーブや停車駅接近時を除いては最高速度まで加速する。

区間快速と各駅停車に関しては、出せる区間は少し限られてくる。区間快速は通過駅が少ないことから、ほとんどの場合は加速してはすぐに減速するということの繰り返しとなる。

しかし、それでも駅間距離があって直線が長いところであれば130km/hまで出す。つくばエクスプレスの場合はATOによる自動運転となっているため、運転士によって速度が変わるということがない。そのため、どの列車でも出すスピードは決まっていると言える。

区間 巡航速度 備考
秋葉原~北千住 70ー90km/h 駅間距離が短い、カーブ多数
北千住~八潮 90―120km/h 地下区間
八潮~つくば 120―130km/h 高架

表定速度は?

  • 快速=77.7km/h
  • 区間快速=67.0km/h
  • 各駅停車=56.0km/h

快速の場合、秋葉原 ~つくば間の58.3 kmを45分で結ぶ。計算すると表定速度は77.7 km/hという数値になる。これは関東の追加料金のかからない電車の中では最速である。

130km/h運転するつくばエクスプレス

関西や名古屋地区を走るJRの「新快速」電車は表定速度が80km/hを超えるということでこれには及ばないものの、首都圏を走る列車としては一番早い。スピードを出す電車の代表格といえることは間違いないだろう。

各駅停車の表定速度は56.0km/hとなっている。こちらもまた普通列車としてはかなり速い。首都圏の私鉄各線の「急行」や「特急」くらいの数値である。駅間距離が他の鉄道会社よりも長めになっていることが要因に挙げられる。

近年つくばエクスプレスの沿線に住みたいという人が増えているようであるが、スピードが速いために距離があっても都心への所要時間が短いのがその理由となっているものとも考えられる。

おすすめ記事