【阪和線】遅延・運転見合わせは関西最多!? どんな理由が?

JR阪和線において遅延の高い発生頻度はかなり有名だ。運転見合わせや運休が関西地区の中では最多ともいわれるほど多い。

他の路線と比べてもダイヤが乱れることが多発している理由とはいったい何なのか。どんな原因があるための毎日のように電車が遅れるのか。

JR阪和線の起点は天王寺駅であり、終点は和歌山駅である。大阪と和歌山を結ぶ鉄道路線であるのと同時に、関西空港と結ぶ重要な路線でもある。空港へのアクセス手段として利用する乗客もかなり多い。

JR阪和線

線路は全線で複線となっている。運行本数は複線路線としては近畿地方では一番多い。多くの電車が走る路線というのも特徴の1つ。

電車が遅れる理由とは?

近畿地方で遅延が発生する最多路線クラスであるのもまた阪和線ならではの特徴だ。電車が運転を見合わせる場面に出会う頻度はかなり多い。特急の運休という情報を駅の運行情報掲示板で目にすることも沙汰ある。

遅れやすい点には原因がいくつか存在する。阪和線は他の路線と比べても運行本数が多い。しかし、線路は上下線それぞれ1本の線路のみであり、従来の複線となっている。一方、線内を走るてっしゃの種類は各駅停車から快速・区間快速、特急まである。

ところが、通過駅のある電車が各駅停車を追い抜ける場所は限られる。待避線のある駅でしか追い越すことができない。速達列車はかなりの需要があるが、各駅停車も同時に多くの利用者が乗車する。

こうした事情から、どうしてもダイヤが高密度なものになってしまう。現状において、かなり過密した運行体系となっていて、線路容量は限界に近い状態となっている。

そんな中でちょっとしたトラブルが発生して1本の電車が少しでも遅れてしまうと、すぐに後続の列車が止まってしまう。そのさらに後続の列車も同時に停止してしまう。それがドミノ倒しのように他の電車へ影響を与えてしまい、阪和線全体が「遅延」という結果になる。

ダイヤの回復もかなり難しい。もともとのダイヤが過密しているため、回復させようとしても先を走る各駅停車に快速や特急が追いついてしまう。こうなると、復帰は難しく速達列車もノロノロ運転になる。

さらに、阪和線の場合は踏切が多い。高架区間があまりなく、ほとんどの区間は地上を走るため、一般交通と交差するところが多数存在する。そのため、人身事故がどうしても発生する可能性が高い。これもまた、運転見合わせの原因となっている。

まとめ

  1. 電車の運行本数が多い
  2. 乗客数が関西で上位クラス
  3. 各停・快速・区間快速・特急の4種別が同じ線路を走行
  4. 踏切が多い

複線の路線にしてはかなり電車の運行本数が多く過密ダイヤになっている。少しの遅れが大きな問題となりやすい。加えて踏切が多数設置されていて人身事故が起こりやすいという性質を持つ。こうした点が、JR阪和線の遅延や運休が多発する理由となっている。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です