【自転車】車道を走ると邪魔! 危険が多いのが今の現状

自転車は原則として車道を走りなさいと道路交通法で定められていて、警察などの行政もそれを強く推進している。しかし、実際問題としてクルマのドライバーから見ると邪魔であると感がえている人が大きな割合を占めている。

確かにモータリゼーションが進む前の昔は、車の数の少なく、自転車が車道を走っても邪魔になることは今よりは少なく安全であった。しかし、車社会が行き渡った現在、自転車が車道の端を走るのは危険な例がほとんどである。

特に、路肩がほとんどなくて自転車が走れるスペースがないような道路においては、追突や接触事故が起きる可能性が高くかなり危険な状態となっている。日本の道路は狭いところが多いので、自転車が歩道を走りたがる理由は誰でも理解できるだろう。

ドライバーから見ると邪魔

出典:www.cycling-ex.com

出典:www.cycling-ex.com

道路の車道を走っている車両のほとんどは乗用車やトラックである。自転車は少数派。そのため、ドライバーからは車道を走る自転車は「邪魔な存在」として受け止めることが多い。

クルマを運転している人から見れば、自転車は歩道を走ってもらいたいと思いたいくらい邪魔であるとっ感じるのはけっして不思議なことではない。

いくら自転車が危険な車道を走っていたとしても、もし対自転車の事故が発生すればクルマ側が悪くなってしまう。だからこそ、安全を確保するためにも歩道を走ってもらいたいという考えにたどり着く。

特に問題とされるのがロードバイクという競技型の自転車である。ロードバイクはスピードが出るのが特徴であるが、車道をスピードを出して走る人が多いということで、より交通事故に発展する可能性が大きい存在だ。

当然ながら、ドライバーの本音を語れば、「自転車は歩道を走ってほしい!」という結論に至る。

道路の整備が不十分!

では、どうして自転車の歩道走行はやめるべきだと警察は主張しているのか。それは、自転車対歩行者の事故が後を絶えないからである。歩道とは本来は歩行者のための道路である。

そこに自転車が加われば、接触事故が起きる可能性が出てくる。歩道は歩行者が優先であるが、自転車を利用している人にしたら歩行者は邪魔な存在であると認識する。ベルを鳴らして「どけ!」と合図する人が一部いるのもそれが理由だ。

しかし、歩道は歩行者のためのものということで、自転車を車道に出せば事故は起きなくて歩行者の安全を守ることができると考え、行政は自転車の車道走行を推奨するようになった。そして今度は自動車とトラブルになっているのだ。

クルマからも歩行者からも邪魔であると思われてしまうような状態になっているのが現状だ。も一番好ましいのは、車道の脇に自転車専用レーンを設置することである。自転車のための道があれば、クルマとも歩行者とも危険な事故が起きる可能性は低くなる。

ところが、自転車専用レーンがある場所はほとんどない。つまり、道路の整備が不十分なのだ。現在は専用レーンの設置を行政が一部進めているが、それでも道幅が狭いなどで実現不可能な場所が多い。

自転車対クルマ・歩行者の攻防はこれからも続く。

おすすめ記事