【病気?】会社に行きたくないと感じるのは私だけ!? どうすればいい?

「会社に行きたくない」と毎日感じている人は多いのではないでしょうか。朝起きた瞬間、今日も出勤しなければならないという現実を認識した瞬間、とても憂鬱な気分になると、あなたもこれに当てはまる人の1人ではないだろうか。

会社に行きたくないと感じる理由としてあげられる代表的なものは4つある。近年はうつ病が社会的に蔓延しているが、うつまではいかなくても出勤することへのマイナスな気持ちになる人はかなり割合的に多いのは確かだろう。

理由は4つ! もう会社に行きたくない

  1. 人間関係が悪い
  2. 仕事内容が大変
  3. 朝起きるのがつらい
  4. 何のために働いているのかわからない

まず最初に挙げられるのが人間関係である。退職する理由のトップに常にランクインする要因である。毎日顔を合わせる他人と上手くいかないと毎日会社に行くのはかなり精神的につらいことであろう。

上司から叱責されたり過剰に扱きをつかわれたりするのも人間関係的な理由といえる。毎日自分を否定されたり、一生懸命頑張った仕事が評価されない状態が続くと、もう明日から会社にいくのが嫌になるのは避けられない。

次に考えられる理由は、仕事内容である。自分が好きではないきらいな仕事であると会社に行きたくなくなるのはあるだろうが、仕事自体が激務で大変なものの場合はさらに重症だ。体力的にキツイ場合、もう体がもたなくなってしまう。

仕事内容がキツイ状態となれば、当然ながら会社に行くのは嫌になるのは当たり前なこと。そして、これもまた退職する理由の1つとして有名なケースだ。

3つ目は、朝起きるのがつらいという理由である。こちらの場合は会社自体に何か嫌なことがあるというよりは、単に朝早く起きるのが大変という事例だ。朝なかなか起きられない場合も会社に行きたくないと思うだろう。

とはいえ、一旦目覚めれば出勤するのはけっして大変では感じなくなる。朝の一瞬の時間だけがマイナスな気持ちになってしますだけであるため、問題はかなり軽症だ。

最後は、そもそも「何のために働いているのかわからない」というケースだ。やりがいを感じていないことが理由で会社へ行きたくないと思うのは必然的といえる。

仕事なの内容が自分に合ったものではなかったり、給料などの待遇の面が悪い場合、このように感じてしまう。毎日行く場所であるのが職場であるため、不満な面が多ければそこに足を踏み入れることがつらくなる。

こうした4つの理由のどれかに当てはまる人が多いため、「会社に行きたくない」と思っている人が多いのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です