黄色だったにの信号無視!? もし切符きられたらサイン拒否!

交差点への進入時は黄色信号だったにも関わらず信号無視で警察に交通違反で捕まるというケースもある。赤色なら完全OUTであるが、黄色の場合は安全に止まれない可能性がある状態はそのまま進んでも問題ないとされている。

安全に止まれる状態というのは、緩やかなブレーキをかけたら停止線の手前でストップできるような状態のことを表す。信号機が青から黄色に変わったからと言って、急ブレーキをかけて止まるのはかなり危険な行為である。後続車が追突するリスクも存在する。

黄色信号

こうした場合は、ブレーキをかけずにそのまま進んでもよいと道路交通法では明確に定められている。

道路交通法第二条…黄色の灯火

車両及び路面電車(以下この表において「車両等」という。)は、停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く。

つまり、急ブレーキをかけないと止まれない場合はそのまま停止線を超えて交差点内に入ってもいいというわけである。

なぜ急ブレーキをかけてはならないのかといえば、答えはとても簡単だ。後続の車が自分に追突してしまう原因になりかねないからである。交通事故を防止するためには、ブレーキをかける強さには限度があるのは常識的に考えて理解できるだろう。

しかし、警察による交通違反取り締まりにおいては、ただ信号機の灯火の色が何色であったかのみで判断される場合がほとんどだ。実際の交通状況を確認した上で違反者を検挙としている警察官などいないと考えてよい。

黄色信号を通過する場合、ほとんどの車にとっては安全には止まれない状況であるケースが多い。そんな中で警察に止められて信号無視で青切符を切られるという出来事に出会ったら、迷わず否認するべきだ。

交通違反をしましたという調書を書かれ、それに署名を求めされてもサインするのを拒否して全く問題ない。安全な停車が難しい状況下では交差点への侵入は合法であり、それを主張して違反はしていないということを言わなければならない。

おすすめ記事