【京急快特】最高速度120km/h出せる区間は? 品川~横浜だけ!?

京浜急行の看板列車といえば快特である。停車駅が一番少なくて最高速度も120km/h出すという設定になっている。品川から横浜にかけては線形が良いため飛ばせるが、どこの区間で実際に出すのか。

品川~横浜はJR東海道線と並行して走る。特に京急川崎駅以南はJRの線路が車窓から見え、特には競争する場面も見ることができる。JR東海道線は最高で110km/hまでしか出さないため、快特であればほとんどの場合は勝利する。

しかし、横浜以南の京急が単独で走る区間ではあまりスピードを出さない。山が多いこともあって、カーブが連続する。直線はほとんどない線形になっている。そのため、横浜以南では最高時速は110キロメートルに設定されている。

スピードが速い快特であるが、力を発揮するのは品川~横浜のみとなっている。

具体的にどこで120km/h?

京急快特

出典:KEIKYU WEB

品川駅を出るとすぐに急なカーブが存在する。この付近は徐行せざるを得ない。北品川駅を通過すると直線に入るが、その先には60km/hの制限速度がかかるカーブが鮫洲駅付近にある。そのため、発車後しばらくはあまりスピードを出さない。

鮫洲駅を通過するといよいよ一気に加速して快特であれば120km/hまでスピードを出すことがほとんどだ。

次の停車駅である京急蒲田駅まではほとんど110~120km/hを維持する。減速する場所は停車駅に接近した時だけと考えてよい。

京急蒲田~京急川崎はあまり距離が長くはない。しかし、それでも120km/hまで加速する。定速運転することはないものの、かなり加速してスピードを出すことには変わりない。

京急川崎~横浜はほぼ最高速度120km/hまで出せる。巡航速度も110km/hは超えている。もし減速するとしたら、それは前を走る各駅停車などに追いついてしまったときだ。ダイヤ上は飛ばすことを前提にされているため、何もなければ迫力を感じるだろう。

横浜以南はゆっくり!

横浜駅を出ると、スピードは遅くなる。制限速度がかかるきついカーブが連続するような線形になっているためだ。巡航速度も一気に90km/h程度に落ちる。

京急ではJRなどとは線路のレール幅が異なる。JRでは1,067mmの狭軌となっているのに対して、京急は1,435mmの標準軌を採用している。これは新幹線と同じレール幅だ。曲線部でもやや高速で曲がれるのは確かであるが、それでも急カーブが多いため、速度が出せない。

停車駅も多くなる。JRとの競合もほとんどない。横須賀線が走っているとはいえ、競合度は低く、京急が独占できる地域である。そのため、速達性で勝負する必要がないこともあまりスピードを出さないことに関係しているかもしれない。

おすすめ記事