増えるユーチューバーへのプライバシー侵害、ファンの行き過ぎた行動が問題!

YouTubeに自分の動画をアップロードするユーチューバーは増えている。再生回数が何億という数値を出している人気の人もいるが、ファンによる行き過ぎた行為がプライバシーの侵害になっているというケースも最近多くなっている。

はじめしゃちょー、ヒカキン、水溜りボンドは国内で最人気クラスのユーチューバーである。毎日のように動画をアップして徐々にチャンネル登録者数を伸ばしている。

それによってファンも増えている。ファンの多さを示す数値が「チャンネル登録者数」である。数値が多ければ、それだけ毎日のようにユーチューバーが投稿した動画を見ている人が多いということを表す。

ユーチューバー

人気のユーチューバー「はじめしゃちょー」

ただYouTubeに動画を投稿する人というよりはもはや芸能人に限りなく近い存在となりつつある。しかし、チャンネル登録者数をが増えるのと同時に大きな問題を抱え始めている。それがプライバシーの侵害だ。

自宅に押し寄せる悪質な行為も!

熱心なファンが昼夜を問わずユーチューバーの姿を一目見ようと自宅に押し寄せてきたり、街中で無断で盗撮するといった事例が増えている。こうしたケースは芸能人が抱えている問題としてしばしばニュースや新聞に掲載されるが、ユーチューバーもこれと同じ状態に陥っている。

ユーチューバーが出席する何かのイベントが開催されてそこに行って写真を撮影するのは全く問題ない。これは公式の行事でファンのための催しであり、写真を撮影したり声をかけたからといってプライバシーの侵害にはならない。

しかし、何もないときに無許可で該当するユーチューバーの自宅に行ったり、街中で写真を撮影したり、強引に声をかけたりするのはプライバシーの侵害に当たる。これは人権への侵害であり、迷惑な行為であることは間違いない。

少し前までは、そもそもユーチューバーという存在があまり注目されてこなかったため、こうしたケースはほとんどなかった。YouTubeに動画を投稿して人気が出たユーチューバーが不特定多数の人から注目されるようになった最近起こり始めたことだ。

注意を促しても後を絶たない

プライバシーの侵害に悩んでいるユーチューバーは、その旨を伝えて自宅に押し寄せたり盗撮したりしないようにファンに呼びかける動画をアップロードしている人も多い。

しかし、これでもあまり減ってはいないのが現状。ファンが増え続けることによって、ユーチューバーの生の姿を目にしたいという気持ちが働いて、これらの行動に走ってしまう。

芸能人への人権侵害がまったく途絶える気配がないのと同じように、YouTubeへの動画投稿がストップしない限りはこれが続く可能性が今のところはかなり大きい。

対策としては、自宅のセキュリティーを強化したり、外出する際には変装するという手段があるが、これを行う手間がかかるのは避けられない。ストレスの原因になるのは確かではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です