西武新宿線の最高速度は時速何キロ!? どこの区間で出せる?

西武新宿線の最高速度は時速105キロメートルに設定されている。特急小江戸でも急行でも各駅停車でも同じであり、列車種別によって異なるというわけではない。ただし、実際にスピードを出せる区間は限られる。

特急や急行が105km/hのスピードを出せるのは鷺ノ宮~田無、小平~所沢の一部区間、新所沢駅以北の区間である。それ以外のところはカーブや駅のポイント通過による制限速度があるため、あまり加速はできない。

どこの区間で105km/h出す?

西武新宿線

特急小江戸号の場合、ほとんどが通過駅であるため直線さえあればスピードが出せる。ただし、ダイヤ上最高速度を維持しなくても定刻通り次の駅に到着できる余裕があるため、実際には90~100km/h程度で巡航するケースがほとんどである。

急行の場合、通過駅のあるのは高田馬場~田無であるが、鷺ノ宮より都心側はカーブが連続していることから、出せても70km/h程度である。ダイヤも過密で先行する各停に追いついてしまうこともよくある。

鷺ノ宮~田無の区間はやや直線的になっている。しかし、ダイヤは比較的余裕があるため、ここでは90km/h程度で流し運転することが多い。

田無駅から小平駅を経て所沢駅まではすべての駅に止まるため、最高速度まで加速する前に次の駅に到着してしまう。加速しては減速するという運転の繰り返しであり、概ね90km/hくらいが限度である。

西武鉄道のもう1つのメイン路線である池袋線と交差する所沢を過ぎると比較的直線的な線形になっている。新所沢駅までは駅間距離が短いためあまり加速はしない。発車するとすぐに駅に着いてしまうため、スピードが上がる前に減速となる。

新所沢~本川越の区間はほぼまっすぐな直線になっていて、しかも駅間距離も3キロくらいと長いため、各駅停車でも105km/hまで加速する列車がほとんどである。ダイヤにも余裕がないため、可能な限りフル加速する。

スピードアップの可能性は?

ところで、西武新宿線において110km/h・120km/h化が行われる可能性はあるのだろうか。

結論から言うとほとんどない。私鉄の中では駅間距離が長いとはいえ、最高速度を引き上げてまで高速化するほどの距離ではない。所要時間もほぼ短縮はできない状況といえる。

西武鉄道では高度経済成長期の1960年代からずっと最高速度が105km/hに設定されている。近年スピードアップ化が進んでいるJR各線とは違って長年同じスピードを保ってきた。

したがって、今後も現在の状態が続くと予想される。どんなに通過駅が多い速達列車が登場したとしても、ほぼ永久的に最高速度は時速105キロメートルで維持されると思われる。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です