【改善策】上司との関係が悪くなる原因! どうすれば良くなる?

職場の上司との人間関係が悪いという悩みを持っている人はかなりの割合で存在する。どうしてお互いに相性が悪化してしまうのか、その原因について考える。また、それを改善する方法としてどんな対処法が挙げられるのか。




部下としての身分である本人と上司の関係が良くて常に信頼しあう人も一定の数はいる。しかし、どうしても悪い方向へ行ってしまうケースも多く、「会社を辞めたい」と思い始める理由の主要要因にランクインするのも事実だ。

そうした職場の上司との関係が良くない人の特徴として、ある共通点が存在する。それが以下の通り。

上司との人間関係が悪い理由!

パワハラ

NHKジブ5時

  • 仕事に対して興味がない
  • チームワークが苦手
  • 責任感があまりない

まず、仕事に興味がない人の場合は上司との人間関係が悪くなるケースが多い。自分が毎日している業務内容にそもそもの興味関心がないのであれば、自分から仕事を覚えたり効率を上げたりするという行動には結びつかない。

昨日と変わらない仕事を淡々とこなすだけにとどまってしまい、向上心がまったくない状態で職場にいることとなる。その結果、上司からの期待には応えられなくなり、部下への信頼度が下がって人間関係が悪くなってしまうこととなる。

仕事への興味関心がある人の場合、自然とどんどん自分の業務の範囲を覚えるようになり、以前よりも生産性を高めようとする行動になる。それによって、上司も仕事ぶりに歓心を得る。

2つ目の原因は、チームワークの悪さである。複数のメンバーで仕事をこなしていくのが会社などの組織に所属する際の仕事の特徴であるのは言うまでもない。

チームワークが苦手な人の場合、ほかのメンバーの意向や状態を考えずに自分のことだけしか視界に走っていなく、自分勝手な行動へ走るケースが多い。そのため、上司からの信頼も服くなる原因となる。

仕事ができる人は体育会系が大きな割合を占めているといわれるのはここにある。スポーツの世界ではチームワークが重要であることもあって、そうした環境を経験した人は就職しても周囲の人とうまく協調できる事例が多い。

3つ目の原因としては、責任感がない点が挙げられる。責任感がない人の特徴として、仕事を途中で投げ出したりミスなく正確に行おうとする意識が低い点が挙げられる。

怠惰な考え、つまり「とりあえずやればいいんでしょ」という考えて仕事に取り組むと自然的に何かしらの過ちが発生する可能性が高まる。緊張感をもって臨まないことでミスが多発するという結果につながる。

仕事のミスが多ければ当然上司は不快感を感じてしまう。そして、部下に対して指導を行うようになり、場合によってはパワハラと呼ばれるような重大な嫌がらせへと発展することもある。

おすすめ記事