【保存版】軽自動車の維持費!1か月あたりの費用はいくら?

軽自動車は維持費が安いといわれているが、1か月あたり実際かかる経費はいくらくらいになるのか。低所得者で車が必要な人が真っ先に検討するの車種であるが、本当にランニングコストは低いのか。




都会の駐車場を借りる場合、維持費で一番高い金額となるのは駐車場代となるだろう。月に10,000円以上も払っている人も少なくない。

軽自動車の維持費

Honda N-ONE

一方、田舎の場合駐車場代はほとんどかからないため、最大のコストといえばガソリン代になる。走行距離も長くなるため、燃料費が占める割合が大きい。

1か月の維持費は?

内容 金額 計算方法
ガソリン代 10,000円
駐車場代 10,000円 ひと月1万円と仮定
自賠責保険 1,100円 2年で26,370円
任意保険 4,000円 標準的な契約内容
車検代 3,400円 2年で80,000円
オイル・タイヤ 2,000円
軽自動車税 900円 年間10,800円
重量税 370円 年間4,400円
合計 31,770円

軽自動車の場合、1か月あたり約30,000円くらいの維持費がかかるということがわかる。郊外のワンルームのマンションの家賃くらいの値段であるといえる。

車を運転する人として一番気になる費用はガソリン代といえるのではないだろうか。もちろん、どれくらい走るかによって変わってくる。都会でほとんど電車・バスしか使わない人であれば、ガソリン代よりも駐車料金の方が高くなるだろう。

地方に住んでいて車社会が定着した地域で運転するのであれば、走行距離も長くなるためガソリン代がトップコストに君臨するだろう。

しかもガソリン代は原油価格によって上下してくるため必ずしも一定ではない。原油高の時期になれば、ガソリン代としての負担額は大きくなり、家計のやりくりが厳しくなる原因ともなりうる。

ただ、それ以外にも維持費としてかかる経費はいくつもある。保険や税金もかかる道具であるのが自動車であるのは間違いない。乗っても乗らなくても保険料と税金は一緒であるため、ここは固定費として考えてよい。




普通車よりはかなり安い

軽自動車と普通車のかかる維持費を比較した場合、やはり軽自動車の方がコストはかなり安い。ガソリン代については普通車とあまり変わらないものの、税金や保険料の面では優位なポジションとなっている。

固定費が普通車よりも安いため、トータルの維持費を考えると普通車と軽自動車のどちらかにするのか迷った場合、軽自動車の方がおすすめとなる。

軽自動車というと低所得者層が乗る低ランクの車として考えてしまうことがあるかもしれない。しかし、コストがかからないこと=低所得というイメージは間違っている。

財布にやさしいのみならず、低燃費であることから地球環境にも配慮された存在となっている。ガソリンを多く消費する高級車よりも環境にも家計にもエコな存在である。

男性にも人気になりつつ

軽自動車というと、女性や高齢者が乗る車というイメージを抱いている人は多いのではないか。小回りが利き、操作性が簡単な点から、運転が苦手な人が乗る乗り物だという考えも存在するのは間違いない。

しかし、最近は運転が得意な人も軽自動車を選ぶような時代になりつつある。若い男性でも、普通車ではなく軽を選ぶ事例もかなり多い。

以前は、自家用車は自分を他人にアピールする手段であった。ステータスを込めて高級車を乗り回すのも常識の範囲内だった。

しかし、最近は自動車以外にお金をかけたいと考える人が増え、「車=ステータス」という方程式は崩れる傾向にある。

趣味が多様化しているといわれているが、軽自動車を選ぶ男性が増えているのは、それを象徴する社会的な変化といえる。

その上、近年の軽自動車はどのメーカーのものもデザイン性が向上している。加えて、コストが安いという巨大なメリットがある。普通車を選択する理由が薄れつつあると言っても過言ではないかもしれない。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です