【西武池袋線】混雑する時間帯はいつ頃!? その規模は具体的に!

西武池袋線が混雑する時間帯としては、朝ラッシュの中でも池袋駅に8:00~8:30頃に到着する列車である。これが一日のピークであり、最も乗客が殺到して混み合う。乗車率は約160%であるといわれている。



池袋駅到着時刻 混雑率 説明
7:00~7:30 まだ朝早い
7:30~8:00 本格的なラッシュへ
8:00~8:30 最高 ピーク、満員
8:30~9:00 やや落ち着き取り戻す

西武鉄道の路線の中では一番利用者数が多いのが池袋線であるが、朝と夕方の混雑状況が悪いのもまた特徴である。同じく都心直結型の新宿線と比べても混雑度が激しいと言える。

どこの区間が最も混雑する?

西武40000系

西武池袋線の場合、一番混雑するのは各列車種別で異なってくる。急行などの優等列車となると、練馬~池袋にて満員に近い状態となる。一方、各駅停車だと中村橋~練馬である。

練馬駅は西武池袋線と地下鉄直通の線路が分かれる駅であり、ここで乗り換える乗客は多い。各駅停車からの場合だと、西武池袋駅へ行く優等列車に乗り換える人が多く、必然的に急行などの混雑度がアップする。

地下鉄直通の場合は、練馬駅で降りていく人の方が多いため、練馬よりも都心側は比較的空いている。東京メトロ内に入っても、再び混雑が激しくなるのは、小竹向原駅や池袋駅辺りからである。

朝ラッシュの状態を観察してみると、東京メトロ副都心線・有楽町線へ乗り入れる列車よりも西武池袋駅終点の電車の方が混雑率は高い。

多くの人は地下鉄線内の駅ではなく、池袋駅が最終目的地なのかもしれない。東武スカイツリーラインなどのような地下鉄への乗り換え客が多い路線とは対照的なのが特徴だ。

時間帯ではいつがピーク?

多くの職場では始業時刻は午前9時である場合が多い。これに合わせて鉄道を利用して職場へ出勤するため、最終目的地である池袋駅に8:30前後に到着する列車が最も混雑する。

その中でも、急行などの通過駅を持つ速達列車がより混み合う。近場よりも遠方から電車に乗ってくる人の数の方が多いため、需要がない小さな駅には停車しない電車の方が満員になりやすい。

混雑する西武池袋線

 

西武池袋線の路線の特色としては、都心と郊外の住宅街を結ぶ鉄道という色合いが強い。そのため、途中駅ではあまり人が降りて行かない。朝の時間帯なら、上りは乗ってくる一方だと考えてよい。

電車に乗っている乗客のほとんどは池袋駅まで行くため、回転率はかなり悪い。しかも、乗り換え駅も所沢駅と練馬駅だけであるが、どちらも降りる人よりも乗ってくる人の方が多い。

所沢駅に関しては、新宿線から池袋線に乗り換えるという人も多い。逆に池袋線から新宿線に乗り換えるという人は少ないのが印象的だ。

ただし、乗客の入れ替えがあるという点では、入間市や飯能側から乗ってきた乗客にとっては少し座れる機会に出会える確率は少し高い。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です