東海道新幹線が最高速度285km/hを出せる区間はどこ!?

東京と新大阪を結ぶ東海道新幹線の最高速度は2015年3月14日のダイヤ改正にて285km/hに引き上げられた。実際にこのスピードを出す区間はどこなのか。古い路線ということでカーブが多いとされるが、本当に高速運転できるのだろうか。




285km/h運転できる車両は限られる。東海道山陽新幹線で主力車両となっているN700系シリーズのみが対応している。一世代前の車両である700系は残念ながら270km/hまでしか出せない。

出せない区間の方が少ない!?

東海道新幹線はカーブが多いのが特徴ということで実際に285km/hを出せる区間はあまりないとイメージしてしまうところであるが、N700系であればほとんどの区間で出せる。車内信号であるATCの制限速度も285km/hを表示する。

N700A

山間部となるとカーブが多くなるが、平地だと比較的直線が長い。このようなところでは最高速度を出せる。

例えば、新横浜~小田原、三島~掛川、浜松~岐阜羽島、米原~新大阪は直線が長くて制限速度がかかるカーブが少ない。これらの区間はトンネルも少ない。しかも田園地帯を走っているため、建設当時も土地の収用にも余裕があった。

逆に285km/h出せない区間といえば、小田原~熱海、掛川~浜松、岐阜羽島~米原の区間である。いずれも山間部であり制限速度がかかるカーブが多い。最新型車両であるN700系シリーズでも高速走行が難しい。

また、東京~新横浜もスピードが出せない。ここは新幹線としての規格とは程遠い区間である。急カーブが連続し低速区間となっている。



そもそも、どうしてカーブが多い!?

N700系

東海道新幹線は高度経済成長期の1960年代に建設されたということで古い規格でカーブが多いのが特徴だ。当時は最高で200km/h程度での営業運転を前提としていたため、新しい路線のように高規格な設計にはしなかった。

また、当時は1964年の東京オリンピックの開催に間に合うように計画されたため、工事も突貫工事で行われた。そうした事情もあって、東海道新幹線はあまりスピードが出せない規格となってしまった。

ではどうして現在のように285km/hまで最高速度を引き上げることができたのか。それは、車両の設計技術が大幅に向上したからである。主力車両のN700系は車体を傾斜させることで曲線を高速で曲がれるようになっている。

速度を劣らずにカーブを曲がるという技術が進歩したことにより、建設された当時の200km/h程度という予定よりも大幅にスピードアップされたのである。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です