都営新宿線の混雑する時間帯とは!? 座れる確率大?

都営新宿線の混雑する時間帯は、ほとんど朝と夕方のラッシュのみといえる。日中の昼間であれば空席が全区間に渡ってあるような状況となっている。都心部から千葉方面へ向かう路線としては空いている方なのは確か。




都営新宿線の始発駅は本八幡駅であり、新宿駅にて東京都交通局の管轄エリアは終わる。都営地下鉄の区間だけに視点を置くと、千葉方面と都心をむすぶ路線として計画されて建設された。

ただし、新宿駅より西側では京王線との相互直通運転を行っているため、物理的な終点とは言い難い。京王線内からの乗り入れ列車がほとんどであるため、そのまま乗って都営新宿線まで乗り続ける乗客もかなり多い。

朝ラッシュの混雑度はどう?

混雑する都営新宿線

都営新宿線の朝の時間帯で最も混雑が激しくなるのは7:30~8:30の約1時間である。ちょうど郊外から都心へ向かう人が殺到する通勤通学のラッシュとなるため、ほかの路線についても同じことがいえる。

とはいえ、都心の中を移動する地下鉄というよりは郊外と都心を結ぶ放射状の路線という性質を持つため、ラッシュ時の混雑度は大きい。

東行きは比較的空いている

東行きの電車の場合、京王線内からの乗客ですでに満員の状態になっていると考えてよい。新宿駅自体は日本一の乗降客数を誇る巨大ターミナルであるが、新宿駅で降りる人はほとんど京王新宿駅の方へ行く。

都営新宿線の「新線新宿駅」の場合は降りる人があまりいない。京王線からの直通電車を狙って乗ってくる人が都営新宿線直通の電車に乗るためだ。

それどころか、新宿駅では逆に乗ってくる人の方が多い。小田急やJR中央線などから乗り換えてくる人がいるためだ。

大きなターミナル駅である新宿駅からであれば座れると思われるものの、実際にはなかなか難しいだろう。

新宿駅を過ぎると、あとは降りていく一方である。市ヶ谷駅を過ぎたあたりからは徐々に空席も見つけられるようになる。

西行きは結構混雑して座れない確率大

都営新宿線の混雑

西行きの電車については、朝の時間帯は本八幡駅から乗らないと座席に座ることはできないといえる。総武線からの乗り換え客が多いこともあって、すでに始発駅で座席は満席になっている。

江戸川区、江東区内の駅においては乗ってくる人しかいないのが印象的だ。この辺りは住宅街だけが広がる地域であるため、職場へ向かう人は特に用がない。そんなため、降りる人はほとんどいない。

神保町駅を過ぎるとようやく乗客が少なくなっていく。それによって座れる機会もかなり増えていく。

ただし、新宿駅へ向かう人が都営新宿線を好むという傾向があるため、西行きのラッシュの時間帯は新宿駅まで混み合っている。必ず座れる確率は東行きよりも低いのは事実だ。



総武線や東西線よりは空いている

ラッシュの時間帯は混雑することは確かであるものの、JR総武線(総武線快速・中央総武緩行線)や東京メトロ東西線と比べると空いている。

東西線

いずれも混雑率が180%を超えるような路線である。特に東京メトロ東西線は日本一乗車率が高いというデータが国土交通省から発表されている。

ピークとなる8時台となると、車内はすし詰め状態になるほどの混雑度を誇る。そんな環境では当然ながらスマホを操作したり新聞や本を読んだりすることは一切できない。

都営新宿線の場合は座れないとしても、人と人が接するほど混雑が激しいわけではない。車内でスマホを操作することもできる。地獄の通勤ラッシュとまでは言えないというくらいのレベルと考えてよい。

おすすめ記事