東海道新幹線、品川駅からでも「自由席」に座れる?

東海道新幹線にはのぞみ・ひかり・こだまの3種別の列車が走っていていずれにも自由席があるが、品川駅からでも座席を確保して座れる可能性はあるのか。始発駅の東京駅ですでに満席になっていることもあるが、やはり指定席を取るしかないのだろうか。




東海道新幹線は他の路線と比べてダントツに利用者数が多い。東京、名古屋、大阪という日本の3大都市を結ぶ主要な交通手段という地位を確立していることもあって混雑度も大きい。

始発駅は東京であるが、渋谷や目黒方面から新幹線を使おうとする人にとっては品川駅の方が便利だ。わざわざ一旦北上する必要がなくなる。

のぞみ自由席

 

ただ、1つだけ大きな問題点が残る。それは、自由席に座れない可能性が出てくるという問題だ。東京駅から乗れば、少なくとも列に並べば確実に座れる。一方の途中駅となる品川からの場合は、すでに満席となっていて座れない可能性も考えられる。

のぞみの博多行・広島行きは満席の可能性大

自由席は列車種別によって車両数が異なる。最速列車である「のぞみ」は自由席が1、2,3号車だけとかなり少ない。16両編成で運転されているわけだが、それ以外はすべて指定席かグリーン車となっている。

また、のぞみは一番乗客が殺到する列車でもあるため、ひかりとこだまと比べて乗車率が終日に渡って高い。その自由席についてもかなりの乗車率となる。東京駅を始発とする下り線の行き先は新大阪・広島・博多となっているが、中でも広島や博多まで行くものが混雑する。

品川から乗る自由席

JR西日本が管轄する山陽新幹線へ直通するのぞみの場合、品川駅から自由席に乗ろうとしても座れない可能性も大いに考えられる。東京駅にて自由席へ乗車する人の長い列がすでにできていることもある。

通常の自由席の場合、2人掛けの通路側か3人掛けの真ん中の座席であれば空いていることが多い。山側の席は窓側から埋まっていき、海側は窓側と通路側の席から人が座っていくため、通路側と真ん中なら品川駅から乗車したとしても少なからず座れる。

広島または博多行ののぞみ号の場合まそうしたみんなが避ける席も埋まっていくほど乗客が殺到する。そのため、品川から自由席に乗ろうしても座れない結果になることも覚悟しなければならないかもしれない。

特に朝と夕方についてはかなり満員になるケースが多い。これは、平日でも土日祝日でも同じことがいえる。



のぞみでも新大阪行なら座れる!?

一方、新大阪行であれば比較的座れる可能性が大きい。新大阪止まりののぞみの場合、乗客は名古屋・京都・新大阪の3駅のどれかが目的地とする人だけが使うため、山陽新幹線内まで行く人は乗らない。

当然ながら、乗車率も博多や広島方面まで行く列車と比べると満席になる可能性は低くなる。途中駅の品川から乗ったとしても、2人掛けの通路席や3人掛けの真ん中の席であればかなりの高い確率で座れる。

もし品川駅からのぞみの自由席に乗って名古屋もしくは関西地区まで行くのであれば、新大阪止まりののぞみ号を狙って座席に座れることを期待して列に並ぶのが良い。

ひかり号と各駅停車のこだま号についても同じことがいえるが、ひかりはそもそも自由席が1~5号車までとなっていてのぞみよりも車両数が多い。そのため、より座れる可能性が高くなる。

こだまについては10両分もある。ここまで多いと、繁忙期でない限りはどの駅から新幹線の自由席の乗ろうとしても確実に座れるといえる。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です