ワイモバイルのポケットWi-Fi、遂に「3日で10GB」へ!

ワイモバイルの詳細・申し込みはこちら

ワイモバイルの「ポケットWi-Fi」にはアドバンスモードという月間のデータ通信量が無制限になるプランがあるが、最近3日間で10GBまで高速通信ができるようになる。より快適にインターネットに接続できる範囲が広がると期待される。

3日で3GB→10GBへ

変更前 変更後
データ通信量の上限 3日間で3GB 3日間で10GB
速度制限の時間帯 当日6時~翌日6時

24時間

当日18時~深夜1時

7時間

これまでは最近3日間で3GBを超えると速度制限がかかって3~4Mbpsくらいまで速度が低下していた。この回線速度がどれくらいのレベルかというと、YouTubeの高画質(720p)の動画が問題なく見られる程度である。

アドバンスモードでは1か月のデータ量に上限がないということが目玉であったものの、ヘビーユーザーにとってはすぐに制限がかかってしまうとして評判はあまりよくはなかった。

pocket wi-fi

これはUQ mobileのWIMAX2+でも当てはまっていたことであるが、WIMAX側では2017年2月よりそれまで実施してきた「3日間で3GB」という制限を廃止して「3日間で10GB」まで使えるように規制が緩和された。

ワイモバイルもUQ mobileのWIMAXに追従する形で規制を緩和することにしたのだと思われる。これまで通り3GBで抑えてしまうと、モバイルルーターを新たに契約しようとしている客がみんなWiMAXへ流れてしまう。競争力を保つためにこそ、高速通信の上限を最近3日間で10GBに緩和が必要であったわけだ。



制限後の回線速度は1Mbps程度

ただし、制限がかかった場合の回線速度はこれまでよりも遅くなる見通しだ。「3日で3GB」を超えた場合の回線速度は3~4Mbpsであり、YouTubeを720pの高画質で見てもカクカクしない程度であった。

しかし、今後は1Mbps程度になると発表されている。これは、YouTubeでいえば360p程度の標準画質で動画を視聴できる程度のレベルとなる。より画質の良さを追求したい人にとっては物足りなさを感じるだろう。

youtube

また、オンラインゲームをやろうとすると難しい。どうしても対戦の際には1Mbpsでは不足してしまう。画面が飛んだりしてまともにプレイできないと考えてよいだろう。

画像が多く掲載されている通販サイトを閲覧する際にも少し快適性が失われる。ウェブページの読み込みに高速で通信できる場合よりも時間が長くなる。急いで標品を探そうとする際にはイライラする原因となることが予想される。

ただし、通信制限がかかる時間帯が大幅に短縮される。これまでは、速度制限がかかるのは3GBを超えた当日の午前6時から翌日の午前6時までであった。今度は当日の18時から深夜1時までの7時間に限定される。

この18:00~25:00というのはインターネットにアクセスする人が1日の中でも特に集中する時間帯である。コアタイムだけが速度制限の対象となるが、閑散とした時間帯はいつも通り高速データ通信ができる。

ネット回線のピークの時間帯にはあまりインターネットを使わないのであれば、ワイモバイルのポケットWi-Fiを使うことで受けるデメリットはまったくないといえる。

ワイモバイルの詳細・申し込みはこちら