小田急の夕方の混雑、帰宅ラッシュの乗車率はどれくらいになる!?

小田急線の夕方の帰宅ラッシュの時間帯となるとどれくらい混雑するのか。下り電車の乗車率はだいたい何%程度になるのか。職場や学校から自宅に帰る人が集中するが、座れる可能性は果たしてあるのか。




夕方の時間帯となる17時以降は、各駅停車に加えて快速急行・急行・多摩急行が走っている。平日の日中も同じ種別となっていて、小田急の場合は昼間も夕方もあまり変わりはない。

18~19時半はピークで乗車率150%?

小田急線

小田急の朝ラッシュの時間帯は乗車率が180%近くまで達することでかなり有名である。東京メトロ東西線や東急田園都市線、中央線並みに電車が混み合う路線として悪名高い。

そして、夕方の帰宅ラッシュもまたかなり混雑する。朝とは違って早く帰る人と遅く帰る人がいるため、混雑度は分散されるのは確かだ。

ピークの時間帯は18:00~19:30の1時間半くらいである。乗車率は概ね150%程度に達すると思われる。電車の中でスマホの操作がやっとできるというレベルである。

一番混雑率が高いのは下北沢駅を出発する列車である。各駅停車と急行が混雑する。一方で快速急行の混雑はこれらと比べるとやや車内空間に余裕がある。新百合ヶ丘駅までノンストップであるため、遠距離利用者のみが使う。近距離しか乗らない人が乗らないため、夕方のピーク時でも比較的空いている。

現在は複々線化が進められているため、これが完成すればラッシュ時の列車が大幅に増発される見通しとなっている。今よりも乗車率が緩和されることが期待されている。



どこの駅から座れる?

各駅停車であれば、下北沢駅を過ぎるとあとは降りていく一方になるため、停車駅を過ぎるたびに徐々に乗客が減っていく。

座席に座っていた人も同時に降りていく。ドア付近ではなく車内の奥に立っていれば、早めに席に座れる可能性が高い。

経堂駅から成城学園前駅あたりの区間に入ると座れる機会が各段に増える。経堂・成城学園前はともに急行の停車駅となっている。そのため、この駅以遠に向かう人ははじめから各駅停車には乗らない人が多い。

夕方の各駅停車の混雑

各停の場合は回転率が早いこともあって、新宿駅や代々木上原駅、下北沢駅あたりでは満員になっていても、ちょっとしたら座る機会がやってくる。

一方の急行系の電車となると遠いところまで乗る人が多いため、回転率はかなり悪い。快速急行・急行のどちらでも夕方から夜にかけての時間帯は町田駅あたりまでは座るのが難しい。

少なくとも新百合ヶ丘駅まではまったく座れないと考えてよい。もしどうしても座りたいのであれば、所要時間が長くなるが各停を選ぶのが良いかもしれない。

おすすめ記事