Giant Escape R3の平均速度は何km/hくらいになるのか!?

Giant Escape R3といえばクロスバイクの中では一番人気のモデルであるが、平均速度はだいたい何km/hくらいで走行できるのか。普通の人が乗った場合で、街中、田舎の平地、坂道では違ってくるが、本当に速い自転車といえるレベルなのか。




ママチャリと呼ばれる軽快車と比べるとスポーツタイプのクロスバイクである以上、スピードが出せるようになっている。重量は10Kg台とかなり軽量化が実現されている。

最高速度については、30km/hを超えるスピードを出すことは誰でもできるだろう。しかし、平均速度は信号待ちや坂道、向かい風などで落ちる。

街中は17km/h程度が平均速度

Giant Escape R3

Giant Escape R3

住宅街やちょっとした都市部であればGiant Escape R3に乗った時の平均速度は概ね17km/h程度になる。信号機がところどころにある幹線道路や、坂道が若干あるという環境の中では、これくらいのスピードになると考えてよい。

東京の都心部のように信号機のある交差点が連続してあるようなエリアやアップダウンが激しい山道となると、平均速度はこれよりも遅くなる。目安としては、12~15km/hくらいになる。

歩道をメインに走る場合も同じように平均速度は大幅にダウンする。歩行者がいるため徐行を余儀なくされる。それだけでなく、歩道は段差もかなり多く、スピードが物理的に出せない。

歩道を走るクロスバイク

いくらクロスバイクであるGiant Escape R3だからと言って、速度を安定して維持できない環境の中ではママチャリとはあまり変わらないというのが現状だ。

もちろん、使う体力がまったく違う。ママチャリの場合は重量が重いこともあって、ペダルを漕ぐときに消耗する体力は大きい。クロスバイクなら力を入れずに移動できる。あくまでも危険が存在することでスピードが出せないというだけだ。



郊外・田舎なら平均速度20km/hも可能

一方で河川敷などのサイクリングロードの場合、信号機などがほとんどなくてひたすら走り続けられるような道路であれば、平均速度もアップする。体力のある人であれば、18~20km/hくらいまで上げられる。

郊外の田んぼや畑が広がるような平地の道路でもまた、頑張れば平均時速20キロメートルを達成できるだろう。

障害物さえ少なければ、クロスバイクであるGiant Escape R3の本領を発揮できる。重量が軽いということで、あまり踏ん張ってペダルを漕ぐことなく時速25キロメートルくらいは出せる。

ところどころで減速することがあったとしても、巡航速度を維持できる距離が長ければ平均速度は上がる。それができる場所というのは、河川敷などのサイクリングロードや交差点が少ない郊外の道路である。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です