名鉄に遅延が多い理由とは!? どうしてすぐ運転見合わせになる?

名鉄では遅延が発生することが多い路線であることは否定できない。中でも人身事故いよる運転見合わせになる頻度は結構高い。また、数分程度のちょっとした遅れが生じる場合も、名鉄名古屋駅に乗り入れる列車ではよくある。




JRや近鉄でも列車に遅延が生じることはよくあるが、名鉄の場合は路線網が愛知県内を中心に多く持っていることから、毎日どこかでダイヤが乱れているのが印象的だ。私鉄の中では遅れやすいのが特徴といえる。

人身事故による運転見合わせが多い

人身事故で遅延する名鉄

首都圏や関西圏と比べて、中京圏を走る名鉄ではあまり高架化や地下化が進んでいない。一般道路と踏切で接しないようにすることを連続立体交差事業というが、名鉄の各線ではあまり積極的には進められていない。

地上を走っている区間がほとんどであるため、一般道路とは踏切で交差する。自動車や人が線路内に入りやすい環境となっているのは事実。そして、これが原因で人身事故が起きる確率が高くなっている。

よくあるのが、踏切内に自動車が立ち往生してそこに電車が衝突する事故や認知症の高齢者が線路内に入って電車にひかれるという出来事である。簡単に線路内に入れることから、これらが起きるのは間違いない。

また、駅構内でホームから線路に転落するという事故も起こることがある。名鉄ではホームドアの設置がまったく進んでいないこともあって、誤って転落するケースがよくある。自殺目的で列車が接近しているところを線路に飛び込むという出来事もある。

いずれも、一度人身事故が起きると路線内を走る列車が完全にストップして運行が止まる原因だ。事故処理が必要なため、運転再開までにはかなりの時間がかかる。多数の乗客に悪影響が出るのは避けられない。



過密ダイヤによる遅れ

神宮前~東枇杷島間は複数の路線が乗り入れている。この区間は名鉄名古屋駅や金山駅が存在するが、いずれも名古屋本線だけでない。

枝分かれしていく路線を走る電車に少しでも遅れが発生すると、この区間に入る時間が時刻表に沿ったものではなくなる。

遅れる名鉄

例えば、名鉄常滑線からの上り列車が3分遅れて神宮前駅に到着すると、名古屋本線からの列車が定時で運転していても遅れている常滑線からの列車に接近して徐行運転を余儀なくされる。

神宮前~東枇杷島間は上下線ともに日中のオフピークの時間帯であっても2分間隔で電車が走っている。電車が1本でも2分以上遅れると、後続の電車のも併せて遅れが生じる。

こうした事情が、名鉄名古屋駅を通る路線の電車はそうではない単独路線よりも電車が遅れる頻度が高い理由となっている。

おすすめ記事