JAL(日本航空)の新卒採用の倍率はいくつになる!? 就職は難しい?

JAL(日本航空)では毎年欠かさず新卒向けの採用を行っている。人気企業ということで倍率はかなり高い。航空会社全般にいえることではあるが、だれもが知っている企業ということで就職難易度は高いのは間違いない。




JALとANAは日本の航空業界を代表する2社である。JALはANAと比べると人気度は低いものの、それでも選考を希望する学生は膨大にいる。内定獲得がかなり狭き門であることには変わりない。

倍率はやはり100倍を超える

jal(日本航空)

正式な倍率の数値は公表されていないため、正確な数値は不明であるものの、エントリーシートの提出による書類選考の段階では100倍を超えるものと思われる。

特に総合職と呼ばれる企画業務職については万人向けの募集となっていることから、特に航空業界にはこだわらない学生も多くエントリーする。

地上職である業務企画職の事務系と技術系を合わせて100人程度が採用人数となっている一方で、応募者数は1万人を上回ると予想される。この時点で単純計算で倍率は100倍以上となる。

自社養成パイロットと客室乗務員の募集については、総合職と比べると応募する人が航空業界に絞って目指している学生が中心となることもあって競争率は大きくはない。とはいえ、同じく狭き門であるのは間違いない。

客室乗務員の募集については、採用人数が約400人くらいにのぼるため、倍率はそれほど高くはない。応募者がどれくらいいるのかは不明だが、5,000人くらいと計算すると約10倍ちょっとという競争率になる。

採用人数が多いうえ、激務ということで離職率が高いのが客室乗務員であるが、そうした事情もあってあまり人気は高いとはいえない。どうしてもオフィス勤務が多い総合職にあたる業務企画職に応募者が集中する。



就職難易度はどのレベル?

業務企画職については、就職難易度のレベルは最高クラスにあたるだろう。採用人数に対して選考を希望する応募者数がかなり多い人数となっているため、内定を取るには正直なところ「運」も必要となる。

どんなにきれいなESを書いても、面接でうまく話せても不採用になってしまう可能性は極めて高い。本当に採用される学生はこの上なく優秀であり、しかも運のある学生に限られる。

さらに、「学歴フィルター」と呼ばれる、自分が所属する大学名だけで合否が決められる仕組みがないとも否定はできない。採用実績校の一覧を見ると、難関大学の名前が大半を占めている。

特にESの選考の段階ではこのような学校名だけで通過するかどうかが判断される可能性が大きい。全員ではないものの、中堅以下の大学の学生は面接まで行けないことも考えられる。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です