WiMAX2+は東京メトロの電車の中では使えない!? やっぱり圏外?

GMOとくとくBB WiMAX2+の申し込みはこちら

東京にてWiMAX2+を利用している人の中で疑問に思うことがある。それは、東京メトロの地下鉄の電車の中でも使えるのかという点だ。

駅構内では公式に使用できるとUQコミュニケーションズから発表されているが、走行中に関しては何も言われていない。

一番WiMAX2+を使って手持ちのスマホやタブレットからインターネットに接続する時間が長いのは電車に乗っているときであろう。駅のホームで電車が来るのを待っている時間よりも移動中の方がデータ通信することが多いという人がほとんどだろう。

特に中長距離を移動するために電車に乗るとなると、駅のホームにいる時間なんてほんのわずかな割合となる。

走行中はWiMAX2+は使えない

WiMAX2+が使えない東京メトロ

結論から言うと、残念ながら今のところはWiMAX2+を地下鉄の電車が走行しているときは使えない。東京メトロという首都の真ん中を運行している路線であっても電波が届かずに圏外となってしまう。

電車の中でWiMAX2+が使えたとしても、それはどこかの駅に停車中も場合である。駅を発車するとすぐに圏外のマークが表示されて利用不可となってしまう。

東京メトロの中でも電車の中でWiMAXからデータ通信ができるのは東西線の西船橋駅~南砂町駅間くらいだろう。東西線の場合は全線の約半分は地上の高架上を走行する。「地下鉄」という名称にはなっているが、地下のトンネルを走るわけではないため、WiMAX2+がつながる。

それ以外の区間や他の路線となると、電車がトンネルの中を走っている最中にはWiMAX2+は例外なく圏外となってしまうのが現状だ。

UQコミュニケーションズの公式サイトでWiMAX2+が利用できる地下鉄の路線名や駅名が掲載されているが、それらはあくまでも駅構内の話である。走行中のことを指しているわけではないので注意が必要だ。

東京メトロの駅構内なら使えるのか?

ところで、東京メトロの地下駅のホーム上であればWiMAX2+は絶対に使えるようになっているのか。厳密にいうと、YESでもNOでもない。

UQコミュニケーションズによると、東京メトロの駅構内については利用可能エリアを拡大中とされている。言い方を変えると、一部の駅ではホーム上でも使えないということを意味する。

WiMAX2+が普及しているのは東京メトロの中でも主要な駅が中心となっている。1日にの乗降人数が少ない小さな駅では圏外となるケースが多いのが現状である。

WiMAX2+が使える東京メトロの駅構内

もし、東京メトロの地下鉄を利用するのであれば、移動中にYouTubeのような動画を見たり、オンラインゲームで遊ぶのはなるべく避けた方が良いだろう。

WiMAX2+を経由してデータ通信ができないとなると、スマホやタブレットのパケット通信で行うしかない。これだと、1か月あたりの上限にすぐに達してしまうかもしれない。5GB/月というとうなデータ通信量の上限を気にする必要が出てくる。

GMOとくとくBB WiMAX2+の申し込みはこちら

おすすめ記事