【学閥】JR東日本に「学歴フィルター」は存在するのか!?

JR東日本に「学歴フィルター」と呼ばれるものは存在するのだろうか。大学名だけで選考の合否が決まるシステムのことを指し、学閥ともいえる暗黙の制度であるが、これが本当にあるのかどうかは、これから就職を希望する人にとっては気になる点だ。




特に書類選考の段階で広く使われている手法が学歴フィルターである。大手インフラ企業では大学名だけで面接まで進ませるか、その場で不採用にするか決める方法となっているケースが多いのが現状となっている。

総合職(ポテンシャル)は学閥あり?

JR東日本の学歴フィルター

JR東日本の新卒採用の職種の中でも、ポテンシャル採用という総合職の場合は難関大学出身の人が内定者の多数派を占めている。

東大や早稲田大、慶應大といった国立大学の中でも旧帝大に分類される学校や伝統ある最難関私立大学の学生が多く内定を獲得している。その一方、日東駒専以下の内定者はかなり少数だ。

学歴フィルターはあるのではないかと感じるのが印象的といえる。他の鉄道会社や大手インフラ企業と同じように、JR東日本においても総合職については学閥のような傾向がみられると私は考えている。

JR東日本といえば首都圏においては超一流企業であるのは言うまでもない。誰もが知っている会社ということで、膨大な数の大学生および院生が応募する。ESを提出する件数はかなり大きなものとなるのは確かだろう。

そうした中でふるいにかけるためには大学名で仕分けるしか方法がないという意見も少なくない。結果として、中堅以下の大学の学生は落とされやすいのが現実なのだ。内定者の多くが高学歴で難しい学校出身の人ばかりな理由はここになるのだろう。



プロフェッショナル職に学歴フィルターはない

一方のプロフェッショナル職の採用においては、学歴フィルターと呼ばれる制度はないと考えてよい。こちらは現業職と呼ばれる職種である。

細かく分けると、駅員や車両・運転士となる運輸系と保線や設備の管理を行う技術系の2種類のコースがある。鉄道事業の第一線にて活躍するのが仕事となり、募集人数も1,000人以上となっている年が多い。

プロフェッショナル採用

応募者数が多いのは間違いないが、採用人数もかなり多い。そうした特徴から、総合職とは違ってあわゆる大学や高校、専門学校から多くの学生を採用している。

自分が所属する学校名で選考の合否が決まることはない。採用不採用は面接や適性検査にて決まると考えられる。面接回数も少ないため、鉄道員としてふさわしいかどうかだけが見られる可能性が高い。

「誰にでも公平にチャンスがある」

それが、JR東日本のプロフェッショナル職の採用といえるだろう。中堅大学であっても、偏差値が低いFランク大学であっても問題ないといえる。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です