南海本線の混雑状況はどうか!? 通勤ラッシュは超満員か?

南海本線の混雑の具合はどの程度になるのか。朝と夕方の通勤ラッシュの時間帯となると満員電車になるのは避けられないが、乗車率はどれくらいになるのかは気になるポイントではないか。




朝ラッシュのピークの時間帯は7:30~8:30の1時間くらいである。夕方の帰宅ラッシュは18:00~19:30の1時間半程度である。前者は難波方面の上り、後者は和歌山市方面の下り電車が混雑する。

急行・空港急行がかなり混雑する

南海本線

南海本線の中でも最も混雑するのが、「急行」と「空港急行」である。いずれも特急の次に速達性のある優等列車である。主要駅と乗降客数が多い駅には止まる一方で小さな駅は通過する。

優等列車の中では最も本数が多いこともあって乗客が殺到する傾向にある。特に朝ラッシュの時間帯は各駅停車よりも多く運転されているということで、難波方面に向かう通勤通学の利用者で車内がかなり混雑する。

乗車率でいうと約120~150%程度になるものと考えられる。これは、人と人が接することは少ないがドア付近に立つとやや圧迫感が感じるというレベルだ。座っている人よりも立っている人の方が多い。

混雑が激しい区間としては、堺~新今宮の区間である。堺市以南の大阪府南部の沿線から多くの乗客が集まってきて多くが大阪市の中心部を目指すため、この区間が最も乗車率が高い結果となっている。

新今宮駅に到着するとJR大阪環状線に乗り換える人たちが降りていく。また駅同士が接する動物園前駅から地下鉄御堂筋線に乗り換える人も少なくない。そのため、新今宮~難波間は比較的空いている。

夕方の帰宅ラッシュについても、混雑する区間は朝ラッシュの時間帯と同じである。ただし、下り電車ということもあって大阪市内を出るとあとは乗客が降りていく一方と考えてよい。

最初は座れなかったとしても遠距離を利用するのであればどこかの停車駅で座席が空いて座れる機会がやってくる可能性が高い。ドア付近ではなく車内の奥に立っていれば、座れる確率がアップする。



特急サザンはどのくらい混雑する?

乗車券のみでも乗れる特急サザンについては、混雑状況は他の電車とは少し異なる。急行よりも停車駅が少なくて所要時間が早いのは確かだが、一部は指定席となっていることもあって一般車の車両数が4両しかない。

追加料金なしで乗れる車両の数が少ないこともあって、乗車率は結構高くなる。しかも遠距離を移動する人が殺到する。このため、一度満員になるとなかなか座れる機会がないのが実情となっている。

特急サザンの乗車率は最大で150%くらいに達すると思われる。立っている人の方が座っている人数よりも多い。それに加えて長い距離を乗る乗客が多数派であるため、混雑が続く区間が長い。

一方で、追加で500円を支払えば確実に座れるのもまた特急サザンならではの特徴である。指定席が4両あるため、満席となるケースは少ない。どうしても座りたいのであれば、指定席券を購入するのも1つの手だろう。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です