JR東海に「学歴フィルター」という学閥は色濃く存在するのか?

JR東海には学歴フィルターと呼ばれるものがあるという噂が広まっている。学閥ともいえる制度で、旧帝大のような難関国立大と早稲田・慶應などの超一流私立大の学生しか採用されない傾向にあるという声を聞いたことはないだろうか。




総合職については、内定を獲得できるのは東大、京大、名古屋大、大阪大などの一部の難関国立大と早稲田・慶應・上智くらいしか入社できないと聞いたことがある人は多いはずだ。大学の偏差値別ではMARCHが下限という噂も存在する。

2chや「みんしゅう」などの就活掲示板にもこのような書き込みをよく見かける。そこでの情報によると、中堅以下の大学となると所属する学校名だけでESを提出した後の書類選考の時点で不採用になり、面接にさえ進めない可能性も否定できないようだ。

総合職は学歴フィルターがあるかも!

学歴フィルター

JR東海の中でも本社勤務が中心となる総合職については、学歴フィルターがある可能性が高い。実際に内定がもらえて採用されるのは東大、京大、阪大、名大、一橋大、東工大などの日本を代表する大学の学生が大部分を占めている。

私立大学を見ると、早稲田大、慶応大、上智大の3つの最難関私立大に集中している。入試の偏差値が高くはない大学の学生があまり採用されていない傾向にある。これが、学歴フィルターというものである。

JR東海の総合職に応募するのは決して旧帝大などの難関大学の学生に限られることではない。地方の国公立大からMARCH、日東駒専などの私立大学の学生も数多く就職を希望している。ESを出す人数も極めて多い。

しかし、内定者の出身大学はそうした学校の人はかなり少数派となっている。要因としては、書類選考の段階で大学名だけで面接まで進めるかどうかの可否が決められていると考えられる。

JR東海の採用担当者ではないため、詳細については分からない。しかし、所属する学校名が採用にまったく関係ないとは言い難い結果になっている。



プロフェッショナル職は学歴不問

一方、同じJR東海でも鉄道現業職にあたる「プロフェッショナル職」に関しては学歴フィルターと呼ばれるものはあまり存在しないようだ。

プロフェッショナル職の採用に当たっては、大学名よりも人物中心と考えられる。応募する人は総合職と同じように多いものの、内定をもらう人の出身校はさまざまである。偏差値が高いところから低いところまでさまざまなのが印象的だ。

また、プロフェッショナル職では大卒だけでなく高卒の採用も行っている。両方合わせて毎年300~400人の学生を新卒として採用している。

現業職ということで、仕事は鉄道事業に特化した内容ではある。鉄道に興味関心があるのであれば、応募してみたい職種であるのは確かだろう。新幹線及び在来線の電車の運転士になるのもこのプロフェッショナル職である。

おすすめ記事