上野東京ラインに遅延が多い理由とは!? なぜ毎日に等しい?

上野東京ラインは遅延が多い路線として評判はあまり良くない。ほぼ毎日のように電車がストップしたり遅れたりして直通運転が中止されることも少なくない。どうしてこれほどダイヤが乱れやすいのか、その理由について考えてみる。




東海道線から宇都宮線・高崎線・常磐線へ乗り入れるようになった2015年3月以降、これらの路線では以前よりも電車が時刻表通りに来なくなったという頻度が増えた。定時運行が難しくなったのは避けられない。

同じく遅延が生じやすい路線(直通サービス)として湘南新宿ラインが挙げられるが、上野東京ラインにおいてもこれと全く同じ現象が起きている。

路線距離が長くなったため

上野東京ライン

最大の理由といえば、路線の総距離が長くなったためだといえる。上野東京ラインが開業するまでは、各路線ごとに運転系統が分かれていたために他路線へダイヤの影響が出ることはほとんどなかった。

しかし、東海道線・宇都宮線・高崎線・常磐線の4路線がともに乗り入れることとなり、どこかの路線で遅延が生じると他の3つの路線にも遅れが生じてしまう。

例えば、東海道線から宇都宮線に直通する上野東京ラインの電車が神奈川県内で数分止まってしまった場合、東京駅に到着する時間が時刻表より遅くなる。その電車がそのまま宇都宮線内に入った時も遅れている状態が続くこととなる。

遅延が生じる直接的な原因はさまざまである。悪天候で徐行運転を余儀なくされることもあれば、人身事故で運転見合わせになるケースもある。混雑による影響もあり得る。

1本の電車が走る距離が長くなれば、その分どこかの地点で何らかのトラブルが起きる可能性は高くなるのは必然的といえる。首都圏の南北を貫くようになったことで、一度に200km以上も走ることが少なくない。

これほどの長距離を走る路線や直通サービスは他にはない。よって、他の路線よりも遅延が発生しやすいのは避けられない。



人身事故が多いのはなぜ?

ところで、上野東京ラインにて遅延が発生する直接的な原因として「人身事故」が該当するケースが多い。車両故障や信号トラブルなどの設備上の問題よりも圧倒的に人身事故が頻発している。

上野東京ラインの中心部となっている都心部をはじめ、京浜東北線と並行して走る区間には踏切があまり存在しない。一般交通と接する危険な箇所があまり存在しないため、人身事故はこの区間ではそれほど起きない。

しかし、単独区間となる郊外へと行くと踏切が多数存在する。東海道線でいえば横浜駅以南の神奈川県内、宇都宮線・高崎線でいえば大宮駅以北、常磐線の取手以北では踏切が点在する。

こういう箇所では踏切内での接触事故や衝突事故が多い。そして、実際にこれが上野東京ラインそのもののダイヤの乱れの原因へとつながっている。

おすすめ記事