【JR川越線】なぜいつも遅延が多いのか? 原因はすべて埼京線か!?

JR川越線といえば、大宮駅から川越駅、さらには高麗川駅まで走る路線である。特に東半分の区間はすべて10両編成で運転されて首都圏の通勤電車という性質を持っている。




埼京線とも直通運転を実施している。乗り換えなしで川越線内から埼京線を経由して池袋や新宿、渋谷などの都心部まで行ける。さらには東京臨海高速鉄道りんかい線とも相互直通運転を行っている。

利便性に関してはまったく問題がない路線であるのが川越線であろう。しかし、その一方で遅延が非常に多い路線でもある。西半分の部分はそれほど遅れないが、東半分がかなりの高い頻度で遅延が生じる。

埼京線で電車が遅れるため

川越線の直通先である埼京線もまた、非常に遅れやすい路線として有名である。運行情報の掲示板に「遅延」という文字が出ない日はないともいえるほど毎日のようにダイヤが少なからず乱れる。

遅れる川越線

埼京線そのものの遅れの原因とは、混雑による駅での停車時間の延長や人身事故、信号や線路のポイントなどの設備の故障がよくある。ただ、これは他の路線にも当てはまる内容ではある。

それに加えて多いのが、池袋~大崎間で線路を共有する湘南新宿ラインの遅延も挙げられる。東海道線・横須賀線・宇都宮線・高崎線との直通サービスであるが、長い距離を走るということで頻繁に遅れる電車である。

湘南新宿ラインが少しでも遅れると、それが埼京線にも影響を与えることが多い。そして、それが原因となって埼京線の電車に遅れが生じ、さらには川越線にまで波及してしまう。

都心と郊外を結ぶ私鉄と東京メトロなどの地下鉄が相互直通運転していることで双方の路線に遅延が発生する頻度が多くなるという現象と同じことが、JR川越線にも起きているというわけだ。



単線が拍車をかけている

さらに、JR川越線のほとんどの区間が単線になっている点も遅れが拡大する原因ともなっている。

複線区間であれば、2、3分程度の遅れが出てもそれ以上に拡大することがあまりない。一方で単線となると、駅間の線路は上下線のどちらかの列車しか同時には走れない。

JR川越線

片方の列車が遅れて上下線のすれ違い(列車交換)を行う駅に到着すると、反対側の列車もその駅を出発するのが遅れる。これがドミノ倒しのように遅延の規模が大きくなっていくのが単線の特徴だ。

川越線で現在複線となっているのは大宮~日清の1区間だけだ。日進駅より西側はすべて単線となっている。埼京線との直通運転と複線化が進まない限りはこの問題は解消されないのは間違いない。

おすすめ記事