【JR東日本】プロフェッショナル採用の志望動機の答え方とは?

JR東日本のプロフェッショナル採用において、志望動機はどのように答えればいいのか。駅・乗務員コースと技術系コースでは仕事内容が違うため、内容もかなり異なるものの、なぜ鉄道職員になりたいのかという質問に対する答えを持つことが重要となる。




具体的な実例は以下のサイトでたくさん掲載されている。いずれも参考になる事例であるのは間違いないだろう。

東日本旅客鉄道 内定した先輩の志望動機

東日本旅客鉄道株式会社の内定/通過ES(エントリーシート)一覧

志望動機のポイントは3つ!

JR東日本のプロフェッショナル採用

志望動機の内容として抑えておきたいポイントは3つある。

  1. なぜ鉄道職員になりたいのか?
  2. 鉄道職員になったら、どのように思いで仕事を進めていきたいのか?
  3. どうしてJR東日本で働きたいのか?

1つ目は、鉄道職員になりたいという考えに至ったきっかけについてである。職業は世の中にはたくさん存在するが、その中でもどうして鉄道に携わる仕事をしたいという考えになったのかを言葉で表す必要がある。

鉄道会社が安定しているから、といった答えでは不採用になる可能性が極めて高い。プロフェッショナル職とは鉄道事業の現場で働く職種であるため、総合職のようなオフィスで働くものとは異なる。

常に鉄道の現場で働きたいという思いを持っていることが、プロフェッショナル採用においては採用・不採用の決め手になるといっても過言ではない。

2つ目は、実際にJR東日本に入社したらどんな思いで仕事に取り組みたいのかという点だ。仕事に情熱を持つ人こそが会社側がほしいという人材であろう。

仕事を行う上での基本方針ともいえるような考えについて、自分が持っている考えを志望動機に明記しておくのが好ましい。

3つ目は、なぜ他の鉄道会社ではなくJR東日本がいいのかという点である。鉄道事業者はJRだけでなく、私鉄や地下鉄を運行する鉄道会社も多い。首都圏だけでも、東武鉄道や東急電鉄、小田急電鉄などの大手私鉄から東京メトロのような地下鉄会社まで複数存在する。

その中でもJR東日本にこだわる理由が志望動機では問われる。

おすすめ記事~今すぐチェック




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です