みずほ銀行の特定職(一般職)の年収はどれくらいか!?

みずほ銀行の特定職(一般職)の年収はどれくらいの金額になるのか。総合職である基幹職よりは給料水準が安いのは確かであるが、大卒向けの就職先としては十分なほどになっているのか。




これから就活を行う大学生にとって、総合職の給料は高いが一般職となるとランクが下で安いというイメージを持っている人が多い。家計に苦労しないためには、やはり高収入な基幹職が良いのではないかと思っている人は少なくないだろう。

しかし、それはあくまでもイメージにしか過ぎない。実際には、転勤がほとんどない一般職であっても年収は低くはない。みずほ銀行のような大手の都市銀行となると給料水準は高いクラスに入る。

学部卒から3年目までは年収300~350万円

みずほ銀行の一般職の年収

matome.naver.jpより

みずほ銀行の学部卒の初任給は1か月あたり19万5000円となっている。ボーナスは年間で4か月分程度になる。これを単純に計算すると、年収は300万円程度となる。

新卒から3年目までは概ね300~350万円くらいが年収の金額となる。一方の基幹職の方となると勤続年数が3年経過すると年収は400万円程度になることから、特定職はやや安いという感じがしなくはない。

ただし、基本給だけを見ると基幹職と特定職ではあまり差はない。年収の金額が違う理由は残業代にある。一般職の場合は転勤もなく、仕事の内容も激務というレベルにまではいかないため、残業時間も基幹職と比べて少ない。

出世のスピードも基幹職の方が早い。転勤を繰り返しながら企業全体の仕事に触れる。そして、将来的には管理職を目指す職種であるため、それに伴って年収も上がりやすい。

一般職に当たる特定職の場合は、あくまでも一部の仕事内容や地域で勤務することが前提となっているため、出世のスピードは遅い。

年収が低い一方で、仕事とプライベートを両立しやすい環境にある。子供がいても働きやすいのは圧倒的に特定職なのは間違いない。基幹職となると、転勤が多かったり拘束時間が長かったりして、仕事と家庭などのプライベートを両立するのは少し難しいといえる。



年収1000万円は無理?

ところで、都銀といえば30代後半もしくは40代を過ぎる頃には年収が1000万円以上にあるというイメージを持っている学生は多いのではないだろうか。

確かに、みずほ銀行においても新卒で入行してから15年以上になると1000万円という年収を稼いでいる人はいる。しかし、これは管理職まで上がった基幹職の人に当てはまる内容である。

みずほ銀行の特定職

ふつうの従業員ではない。管理職よりもオンオフの区別を重視する特定職の場合は、年収は30代以降になっても500~600万円程度が標準的である。

一般職となると、金融業界のみならず他の業種の企業と比べても給料の水準はそう高くはない。働き方として、仕事一本なのか個人的な生活との両立のどちらかをとるのか考えるのは、これから就活を行うのであればかなり重要なのは確かだろう。

おすすめ記事