サントリーホールディングスの新卒採用、倍率はいくつ!?

サントリーホールディングスでは毎年新卒の採用を行っているが、倍率はどれくらいの競争率になるのか。食品業界の中でも特に人気の高い企業ということでマイナビやリクナビからエントリーして応募する学生は非常に多い。




就職難易度に関してはかなり高いレベルに達する。内定を獲得するには人物としての優秀さだけでは採用には至らない可能性が高い。運の要素も必要とするほど倍率は非常に高い。

新卒の倍率は300倍にも!

suntory

サントリーホールディングスの新卒採用の倍率は約300倍にも上ると思われる。ビールなどの酒類から清涼飲料水などを製造・販売する会社として、日本人であればだれもが知っている企業である。

ネームバリューが大きいことに加えて、なじみのある会社でもある。しかも、ブラック企業と呼ばれる基準を満たすような問題も特に話題とは一切なっていない。

さらに、不景気に強い会社でもある。食品会社全般にいえることであるが、景気が減速して世の中の購買意欲が下がったからといって食べ物や飲み物を買わないという人はいない。

人々の暮らしには欠かせない存在であるからこそ、不景気に強くて安定した企業となっている。そうしたメリットが就活に取り組んでいる大学生には大きな魅力のポイントとなっている。

そして、安定した食品業界の中でも有名な会社がサントリーホールディングスというわけで倍率が300倍という巨大な数値に達しているのだ。



職種によって差はあるのか?

サントリーホールディングスの新卒の採用区分は以下の3つがある。

  • ビジネス部門
  • 財経部門
  • 生産研究部門

「ビジネス部門」とは、一般的に営業と呼ばれる職種である。酒類や清涼飲料水、食品をいかにして多く売れるかを考えながら、市場を開拓していくのが主な仕事内容である。

「財務部門」とは、経理や総務関係の仕事を行う職種であり、他の業界にも存在するものである。主に本社のオフィスで仕事を進めることが多い。

「生産研究部門」とは研究や開発を行う職種である。理系的な仕事ということで、募集する学生の学部・学科には制限がある。残念ながら文系となるとほぼ採用することはない。

ただし、3つとも共通することはどれも倍率はほとんど変わらないという点だ。営業職に当たるビジネス部門は採用人数はかなり多いものの、応募者数もそれに応じて多いため、倍率は他と同じ程度である。

理系学生を対象とした生産研究部門も学部・学科は限定されているものの、それでも理系の大学生の応募者が殺到するため、就職の難易度は高いことには変わりない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です