相鉄・東急直通、東京メトロ南北線と都営三田線にも乗り入れるか!?

相鉄・東急直通線は2021年度を目標に開業される予定となっているが、目黒線を経由して東京メトロ南北線や都営三田線にも乗り入れる計画はあるのだろうか。実現すれば都心へ電車で1本で行けるというわけでこれまでにはないほど利便性が向上するのは確か。




東急電鉄の部分については、東横線と目黒線のどちらにも乗り入れるという案が有力なものの、後者の方が重点に置かれる可能性が高い。そして、目黒駅から先の地下鉄へも直通運転を行う計画も否定できない。

また、東急目黒線では「急行」の運転を行っている。速達列車という位置づけになっているが、相鉄との連絡線が完成したら相鉄からの急行の運転も実施される可能性がある。

相鉄と南北線・都営三田線の直通

そうなると、都心への所要時間はますます短くなり、相鉄の沿線に住む人にとっては東京都心への通勤や通学が簡単にできるようになるだろう。

南北線・三田線にも乗り入れるは簡単?

相鉄が東急線へ乗り入れるということは、電車の車内設備も東急に合わせた形となるのは間違いない。東急目黒線の信号などの設備は東京メトロ南北線や都営三田線のものとほとんど変わらない。

ワンマン運転とホームドアの動作に対応した電車だけが走っている。一方、相鉄の車両は今のところはワンマン運転や東急・地下鉄のCS-ATCの設備には対応していない。

しかし、東急線への乗り入れができる車両に改良される見込みとなっている。もし相鉄の今のままの設備にしか対応していないとなると、相鉄・東急直通線を走れる列車はなくなってしまう。

相鉄・東急直通線

ただし、東京都交通局所属と東京メトロ所属の車両が相鉄線の設備にも対応するように改良しなければならないのも避けられない。相鉄で使われているシステムは東急や地下鉄のものとはかなり異なる。

車両を改良するためにはそれなりのコストを要する。相鉄線内の設備を東急やメトロ、都営地下鉄と似たようなシステムに変えようとしても、やはり莫大なコストがかかる。

東急目黒線へ乗り入れが実現しても、目黒駅にて折り返しとなる確率も決してゼロではない。



急行は運転されるのか?

相鉄線内から東急線を経て渋谷駅や目黒駅まで行くとなると、距離が長くなることから優等列車が運転される可能性が高い。

今のところ、目黒線への直通がメインとなることが見込まれていると考えると、相鉄線内においても「急行」として通過駅が設定される可能性が高い。都心側の東急線内ではほぼ間違いなく通過駅はあると思われる。

本数については、今と同じように日中の時間帯であれば1時間当たり4本となるだろう。これ以上増やすとなると、途中駅に新たに各駅停車の追い抜きができる待避線の設備を整備しなければならなくなるため、15分間隔で運転されると予想される。

なお、東京メトロ南北線と都営三田線へも直通する場合には、地下鉄の区間では待避線が途中駅にないことからすべて各駅停車となるだろう。

おすすめ記事