【新卒採用】野村證券の年収はいくら!? 学歴フィルターはある?

野村證券といえば証券会社の中でトップの座にある企業だが、年収もかなりの高水準となっている。平均年収は1100万円程度となっている。大卒初任給も24~25万円と他の企業と比べて高い。




給料が良いというメリットがある一方、人気のある会社ということで学歴フィルターも存在するという見方が強い。

内定を獲得する人の出身大学について、東大・京大をはじめとする旧帝大や早慶上智のようなトップクラスの難関大学の学生が多く採用されるイメージが強い。

野村證券

地方の中堅クラスの証券会社となると、大学名には関係なく採用されて学歴フィルターのようなものは存在しないケースが多いが、野村證券のような大手となると特に書類選考の段階で学校名が重視される傾向にある。

年収は30代で1000万円以上に!

野村證券の平均年収を年齢別にすると、30代後半から1000万円を超えるようだ。この年齢クラスになると、新卒で入社した社員は主任以上に昇格する例が多い。

主任になると、ボーナスを入れれば年収は1000万円を超える可能性が高くなるようだ。特に以前よりも景気が良くなってきた今では、給料が毎年上がりつつある状態になっている。

こちらは全国転勤のある「総合職A」の社員の平均年収に当てはまることであるが、転居を伴う転勤が原則としてない「総合職B」に関しては40代になると年収は1000万円を超える人が多い。

転勤のない職種は一般的には一般職と呼ばれるものであり、給料は総合職と比べて低いという印象が強いが、野村證券ではそれでも高い年収となっている。

入社すればだれでも簡単に1000万円以上の年収を獲得できるというわけではないものの、他の企業と比べると給料はかなり良いことがわかる。

20代でも年収は600万円以上に

野村證券の年収

ところで、大卒で入社したばかりの20代の年収についてはどうだろうか。30代以上になると誰もが喜ぶほどの金額になるが、若いうちは給料が安いと考えている人は多いだろう。

野村證券の20代の平均年収は600~700万円前後となっている。基本給+残業代+ボーナスで年間で600万円以上の給料がもらえる人が多いようだ。

これは、総合職AでもBでも同じである。また、専門職にあたる「総合職C」に関してもこれと同じ程度の金額になると思われる。

大卒の初任給は2017年4月で24万5000円となっている。これもまた、平均年収と同じく他の企業よりかなり高い水準となっている。



学歴フィルターもある?

さて、これほど年収が高いとなると、新卒採用で応募する学生はかなりの数にのぼるというのは想像がつくだろう。実際、採用人数に対して選考を受ける学生が膨大な数に達する。

出身校を見ると、だれもが知っている有名大学を出ている人が多い。国公立大から私立大まで、大学の種類自体は多いものの、どれもレベルが高い学校ばかりとなっている。

学歴フィルター

中堅以下の大学の学生が選考を受けていないのかというと、決してそうではない。つまり、不採用になっている可能性が高い。学校名だけで落とすシステムのことを「学歴フィルター」や「学閥」と世間一般に言うが、野村證券にはこれが存在するのは不定できない。

大手証券会社である以上、内定を獲得できる人のほとんどは難関大学を出ている人が主流となっている。全員ではないにしろ、この傾向があるのは確実だと考えられる。

おすすめ記事