JR西日本の採用、学歴フィルターはある!? 大学名だけで落ちる?

JR西日本の新卒の採用において、就活中の学生にとっては気になる点がある。それが、「学歴フィルター」と呼ばれる目に見えない選考基準の存在である。学閥とも呼ばれるが、大学名だけで落とされて不採用になる可能性も否定できない。




学歴フィルターが存在する企業の場合、偏差値が低い学校だとESの段階で落とされることが多いようだ。

面接まで進めるのは、関西でいえば京大・阪大・神戸大のような国立大学、関関同立のような私立大学、あるいは大阪府立大、私立大のような公立大学の人だけが対象となるものだ。

JR西日本

JR西日本は人気業種である鉄道会社であることに加えて、業界の中でもトップクラスの知名度を持っている。

学歴フィルターが存在する企業の水準は十分満たしている。そして、内定を獲得している学生には難関大学を出ている人が多いような感じがする。

総合職は学歴フィルターがある?

学歴フィルター

JR西日本の総合職の場合、学歴フィルターの存在は広く知られている。実際に、新卒の採用においては有名な大学の学生の採用に力を入れている。

総合職といえば、鉄道事業のほかにホテルや不動産、物販・小売、飲食などのさまざまな分野の事業を行っているが、それらすべてに携わるのが総合職という職種である。

入社後は会社の全般的な業務内容に携わり、将来的には幹部になるというコースでもある。仕事をする場所も、現場よりも本社をはじめとするオフィスでの勤務が中心である。

JR西日本という会社全体を引っ張っていく職種ということで、新卒として向かい入れる学生のレベルも高い。そんなこともあって、内定を獲得している学生となると偏差値が高い学校が主流となっている。

もちろん、総合職に応募する学生の数はかなり多い。倍率もかなりの規模にまでのぼる。



プロフェッショナル職は学歴関係ない!

一方、同じJR西日本でも鉄道事業の現場に携わる「プロフェッショナル職」に関しては、学歴フィルターのような大学名で採用・不採用を決めるシステムが存在しないようだ。

採用人数も総合職より圧倒的に多いのもその理由であるが、仕事内容も鉄道に特化したものであり、専門職でもある。

求める人材は総合職とは異なる。さまざまなことを習得する能力が求められる総合職に対して、プロフェッショナル職では専門的な技術を習得したり、安定的に集中して業務をこなしていく能力が必要とされる。

大学名では判断できない要素も多い。そんなわけで、プロフェッショナル職の採用では学歴フィルターは一切存在しない。

偏差値が低い大学に所属しているからといって、それが不採用になる理由となることはないと思って問題ない。有名な大学だからといって選考が有利に進むということもない。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です