三井住友銀行、出身大学はどこ!? 学歴フィルターはあるのか?

三井住友銀行は大手メガバンク3行の1つであり、新卒採用においては入行を希望する学生がかなり多い。ただ気になる点がある。それが、採用されやすい大学の学校名についてだ。




就活の世界では「学歴フィルター」と呼ばれる目に見えない存在を警戒している学生は多いのではないだろうか。

難関大学に所属する大学生、院生だけが優遇されて中堅大学以下の偏差値の大学ではその固有名詞をエントリーシートに記入しただけで落ちされるというのがこの学歴フィルターである。学閥とも呼ばれることがある。

三井住友銀行の学歴フィルター

大学生にとっては、受験の際の偏差値の差が就職に大きく影響すると考えている人が非常に多い。そのため、実際に就活をはじめるとこのような大学のレベルの差に意識が行きやすい。

確かに難関大学の内定者が多い

三井住友銀行を含めたメガバンクでは、難関大学に所属する学生が内定者全体では大きな割合を占めている。出身大学を聞くと、だれもが知っている学校を出ているケースが多い。

中堅、下位、Fランクといった言葉を耳にすることがあるが、三井住友銀行の新卒採用においては、超大手銀行ということでどうしても人材としては偏差値が高い大学を出ている学生が多くなっている。

出身大学と偏差値

もちろん、選考自体は受けることができ、大学名ですべてが決まるわけではない。しかし、実際には一部に学歴フィルターと呼ばれるものが存在する可能性は否定できない。

就活情報サイト「みんしゅう」などによると、採用では裏ルートとも呼ばれるリクルーター面談の制度があるが、三井住友銀行ではこれに招待されるのは有名大学の学生が多いという声が聴かれる。



一般職でも大学名は見られる?

さて、総合職に比べては内定までの難易度が低いとされる一般職だが、ここでも所属する大学名は重要視されるのか。

総合職については学歴フィルターの存在が聞かれるが、一般職についても少しはある可能性はゼロではない。

履歴書を見ると、真っ先に目が行くのは大学名である○○大学という項目になる。そのため、人事担当者にとってはここがふるいにわける基準の1つとなるのは避けられない。

一般職であっても総合職であっても、この点では同じである。とはいえ、選考の内容も求められている人材も総合職と一般職では多少違ってくる。そのため、大学名が重要視されるわけではない。

実際に、偏差値がそれほど高くはない大学を出ている人でも内定をもらっている人はいる。

おすすめ記事