埼京線の帰宅ラッシュはどれくらい酷い!? 夕方と夜も混む?

JR埼京線の帰宅ラッシュは他の路線よりも格段に混雑が激しいという声が強い。夕方から夜にかけてのピークとなる18~20時の時間帯となると、下りの大宮方面へ行く電車は劇混みといわれるほどのレベル。




混雑が続くのはどこまでなのか。そして、どうして埼京線が他の路線と比べてそれほどひどい状態になるのか。

新宿~赤羽は完全に満員

埼京線の帰宅ラッシュの時間帯の下りの乗車駅で最も人数が多いのは新宿駅である。日本一の乗降客数を誇る新宿駅ということで、埼京線へも人が殺到する。

埼玉方面へ向かう電車は湘南新宿ラインと埼京線だけであるため、首都圏北部へ向かう人はどうしても埼京線を利用するケースが多い。

埼京線の帰宅ラッシュ

新宿駅の埼京線のホームへ行くと、まとまった列がすでにできていることが多い。大崎駅始発、りんかい線からの直通列車となると、座れる可能性はほぼゼロ。新宿駅始発の電車でも、並ばなければ到底座ることはできない。通勤快速も各駅停車も、どちらも同じ。

満員の状態は少なくとも赤羽駅までは続く。赤羽駅に到着すると、京浜東北線や宇都宮線・高崎線へ乗り換える人がまとまって降りていくため、着席できるチャンスが到来するかもしれない。

しかし、逆に他路線から埼京線へ乗り換えてくる人もいるため、発車する頃には再び満員になる。それ以降の駅は住宅街が広がる地域になるため、乗客は降りていく一方となる。

埼京線

大宮駅に到着するまでにはどこかの駅で座れる可能性は少なくない。しかし、近郊型の路線と比べると路線全体に渡って利用者が多いこともあり、座れない確率も結構高い。

川越線へ乗り入れる列車はさらに乗客が多くなる。大宮止まりの電車の方が途中駅で座れる可能性は若干だが高い。



20時以降も結構混んでいる

夕方の帰宅ラッシュの時間帯といえば18~20時の2時間くらいの枠であることが多い。埼京線の下り方面においても、確かに最も乗車率が高くなるのはこの時間帯である。

しかし、ピークがひと段落する20時以降になっても埼京線では引き続き満員の状態が続く。ドア付近だと人と人が接するほどの混雑にまではならないが、座っている人よりも立っている人の方が多い状態となっている。

この状態は終電の23時台まで続く。夕方以降で、都心から埼京線を使いながら座席に座って移動するという方法は残念ながらないのが現状。特急やライナーも走っていないため、すべて一般的な通勤電車しか運転されていなく、我慢して乗るしかない。

朝ラッシュの激しい混雑で有名な路線な埼京線だが、夕方もまた乗客がかなり殺到する路線であるのは間違いない。

おすすめ記事