JR東日本のプロフェッショナル採用、内定者の大学はどこ!?

JR東日本のプロフェッショナル採用にて内定を獲得している学生の大学では、具体的にどこが多いのか。新卒で就活をしている人にとっては、自分の所属する大学が有利になるのか不利になるのか、大きな疑問であろう。




ポテンシャル採用の場合、学歴フィルターが色濃く存在する傾向がある。内定が取れるのは難関大学の学生が中心であり、無名の学校だとSPIやESの段階で落とされてしまう確率が高い。

プロフェッショナル採用においては、そうした傾向はない。内定を獲得する学生の所属する大学はさまざまである。もちろん、中には偏差値が高い学校の学生もいることにはいるが、レベルが決して高くはないところの人も多い。

JR東日本のプロフェッショナル採用

学閥のようなグループも特に存在はしないようだ。駅員や車掌、運転士となる運輸系統でも技術系統でもこの流れは変わらない。

どこの大学が最も多い?

JR東日本のプロフェッショナル採用において、大学による偏りがないものの、特定の学校の出身者が多いというのはある。

一番のボリュームゾーンは日東駒専のようだ。この4つの大学は、偏差値の面では中堅大学と呼ばれるくらいの位置づけである。首都圏での知名度はかなり高い。

そして、いずれも総合大学ということで学生の人数も多い。早慶上智やMARCHと同じくらいかそれより多いくらいである。

JR東日本のプロフェッショナル採用では、特に日本大学の出身者が多いという印象がある。6~8人に1人は日大を出ている人と思われるほどだ。

理由としては、日大が突出して学生数が多い点が挙げあれる。日本国内の大学では最も学生数が多い大学でもある。母数が多いという点から、偏差値で偏りがないプロフェッショナル採用でも日大が多くなっているというわけだ。



文系・理系は関係ある?

次に気になる点といえば、文系・理系の区別である。一般的な考え方だと、運輸系=文系、技術系統=理系というイメージがつきやすい。

JR東日本でもポテンシャル採用では、特に技術部門は理系の学生のみを対象とした採用になっている。専門的な知識を学んだ学生のみを対象としている職種が多い。

プロフェッショナル採用の場合はすべて全学部全学科を対象としている。技術部門も全学部全学科を対象にしているため、たとえば保線部門でも土木や建築系の学校を出ていなくても応募できる。

文系であっても技術者の採用があるため、自分の興味関心で選考を受けられるのもまた、JR東日本のプロフェッショナル採用の特徴といえる。

おすすめ記事~今すぐチェック