【新卒採用】日本旅行の倍率はいくつ!? 50倍は超えるか?

日本旅行の倍率はどれくらいになるのか、就活をしている学生の中では感じる疑問点ではないか。旅行会社としては大手トップ5社にランクインするということで、就職したい会社として人気度も高い。




男女問わず多くの学生が応募する企業の1つである。特に女子学生の中では人気が高い。JTB、H.I.S.、阪急交通社、近畿日本ツーリストのように、日本旅行もまた倍率が高くて競争の激しい会社なのは間違いない。

倍率は50倍は超える

日本旅行の倍率についてはおよそ50倍かそれ以上になると予想する。採用人数は年によって違ってくるが50~100人程度に収まっていることが多い。

一方で応募者数は2000人以上には達すると思われる。リクナビやマイナビなどでプレエントリーすると次にESを提出して書類選考へと進むわけだが、この時点の倍率がおよそ50倍という数値になる。

日本旅行

特に全国社員コースと呼ばれる職種はかなり応募者数が多くなる。これは、他社では総合職に当たるものだが、さまざまな場所で働けるということで、こちらを希望する人が多数派となっている。

もう1つの職種としてエリア社員コースというものが用意されているが、これは他社でいえば一般職に当たる。女子学生が多い傾向にある。

これらを合わせた人数に対する応募者数を計算した際の倍率が50倍ということになるため、実際には各職種にとって多少は前後する。全国型の総合職はややこれを上回るかもしれない。逆にエリア社員コースは10~30倍程度にまで下がることも考えられる。



面接は全部で3回

日本旅行の新卒採用における選考過程は以下のようになっている。

第一次選考:グループディスカッション(適性検査)
第二次選考:グループ面接
第三次選考:個人面接

グループディスカッションと面接を合わせると3回ほど行われる。1回目はグループディスカッションを通じた適性検査が実施される。ここで不採用になって落とされる学生は多い。

適正が判断されると、次にグループ面接へと進む。協調性や意見の論理性が見られる。ここでも残念ながら落とされてしまう可能性は高い。そして、ここでも生き残ると最終面接へと進む。最終面接は個人面接となり、やる気や入社の遺志が問われる。

日本旅行という会社にとって優秀な人材であれば内定をもらえる可能性は高いが、高倍率ということで運の要素も必要になるのも否定できない。

いくら本来は優秀な学生であっても採用担当者の判断によってはあっという間に不採用になることもよくある。そんなこともあるため、就職難易度はかなり高いのが実情だ。

少なくとも、日本旅行の採用市場の中での動向は完全に「買い手市場」であることには変わりない。

おすすめ記事