トヨタ自動車への就職で「学歴フィルター」は存在するのか?

トヨタ自動車においては学歴フィルターと呼ばれる制度は存在するのだろうか。古くからある歴史の長い企業ではよくある例だが、果たして自動車業界の大手でも新卒で就職をしようとしている際に大学名は重要な要素となるのか。




学歴フィルターとは、一定の偏差値を下回る学校の学生だと、エントリーシートや履歴書に自分の所属する学校名を書いた時点で不採用またはそうなる確率がかなり高くなるような制度のことを指す。

多くは書類選考の段階で用いられる手法だが、大学名だけで面接にすら進めないというケースも中にはあるようだ。

学歴フィルター

こうした企業の採用選考においては、偏差値が高くて全国的に誰もが知っているような有名な大学の学生であるほど内定がもらえる確率がアップする。

旧帝大と呼ばれる大学(東大・京大・阪大・北大・東北大・名大・九大)と東工大・一橋大・神戸大、早慶上智といったところが学歴フィルターで有利になる学校に当てはまる。

トヨタは学歴フィルターがあるかも!

トヨタ自動車の場合、内定者を見ると有名な大学を出ている人が多いように感じる。偏差値が高くて入試の難易度が高い学校が出身校の中ではメジャーな存在となっている。

旧帝大・早慶上智クラスまで限られた世界ではないものの、Aランクの国公立大学やMARCH、関関同立程度のレベル以上の大学がボリュームゾーンとなっている。

日東駒専や産近甲龍を出ている人もいるが、学生数が多い学校であることを考えると少ないと判断できる。

こうした傾向を考慮すると、トヨタ自動車の新卒採用の際には学歴フィルターが少しはあるものと私は感じる。

さらに、トヨタ自動車にはリクルーター面談も一部の学生をターゲットとして存在する。リクルーターが付くのは有名な学校の学生に限られているようだ。

リクルーターが付くと選考は裏ルートで進むことができる。うまくいけば、正式な面接の回数は1~2回程度で内定がもらえる。正規ルートよりも入社の難易度は下がるのは間違いない。

学校名だけでリクルーター面談の有無が決まるため、少なくとも裏ルートとなると学歴フィルターが存在するといえるだろう。



○○大会という学閥も

入社後も出身大学ごとの派閥のような集まりがあるところも多い。「○○大会」という名称のグループがあり、定期的に同じ大学の出身者で食事会などを開くこともあるようだ。

これは、簡単にいえば学閥のようなものだといえる。出身大学ごとの集まりがあるということは、それだけ学校名が社内では重要だということを表している。

もちろん、同一大学の出身者がまとまった数がいなくて○○大会のようなグループが存在しない学校もある。

しかし、少なくとも全国的に誰もが知っているような学校となると同じ大学の社員が最低でも数年に1回は集まりを開くような団体があると考えてよい。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です