【東京メトロ】全駅にホームドアを設置へ! 2025年度までに

東京メトロでは全駅にホームドアを設置するという予定が遂に決定した。現在は9路線を持つ地下鉄の事業者であるが、どの路線のすべての駅にホームドアを2025年度までには整備するという方針が公表された。




これまでも、東京メトロではほかの鉄道会社よりもホームドアの設置に力を入れてきたが、一部の路線ではほとんど進んでいなかった。しかし、2017年6月29日の発表では、2025年度中には小さな駅も含めて全駅に作る見通しが立った。

最後にホームドアが設置工事が行われるのは東西線となるようだ。東西線ではこれまでほとんどホームドアの設置が重点に置かれてこなかったが、こちらも2025年度には計画が完了する。

路線別:ホームドア設置完了の時期

東京メトロのホームドア

  • 銀座線:2018年度 (渋谷駅と新橋駅は大規模改修工事完了後に設置予定)
  • 日比谷線:2022年度
  • 東西線:2025年度 (重点駅は先行整備)
  • 千代田線:2019年度
  • 半蔵門線:2023年度

東西線の場合、車両によってドアの幅が違っている。新型車両の15000系はワイドドア車の仕様となっているため、他の路線で使われているホームドアでは対応できない。

しかし、ホームドアの技術が以前と比べて大幅に向上したことや、さまざまな種類のものが開発されたことによって、ワイドドア車でも通常ドア幅の車両でも対応できるものをコストを可能な限り抑えながら導入することができるようになった。

これが、東京メトロの全戦全駅にてホームドアを整備できる目途が立った大きな要因となっている。

銀座線と千代田線、半蔵門線に関しては、ドアの幅や位置は線内を走るすべての車両が同じとなっていることもあり、ホームドアの設置は決して難しくはない。半蔵門線内では、東急5000系の6ドア車が存在するが、こちらは完全に4ドアに交換される見通しのため問題はない。

日比谷線は、旧式の車両である東京メトロ03系と直通先の東武20000系が3ドア車となっているが、今後はすべて4ドア車の東京メトロ13000系と東武70000系に置き換えられる。

日比谷線へ乗り入れるすべての車両の置き換えが終われば、いよいよホームドアの設置ができるようになる。



すでに4路線はホームドア整備済

東京メトロの丸ノ内線・南北線・有楽町線・副都心線についてはすでにホームドアがすべての駅に整備されている。有楽町線を除いてはワンマン運転も実施されている。

ホームドアが作られたことにより、駅構内の安全性が飛躍的に高まった。これにより、ドアの開け閉めや発車時の安全監視を行う車掌が要らなくなったということで、ワンマン運転を行っている。

今後順次ホームドアを整備する路線においても、将来的にはワンマン運転をスタートさせる可能性は大きい。

10年後くらいには東京メトロではすべての路線で車掌が乗務しないワンマン運転が実施されるようになるかもしれない。そうなれば、大手鉄道事業者としては初の事例となるだろう。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です