(株)SUBARUの新卒採用、倍率はどれくらいになるのか?

(株)SUBARUの新卒採用ではどれくらいの倍率になるのか。旧社名は富士重工業として知られているが、自動車製造事業がメインの会社ということで自動車業界の1つとして就活している学生は捉えていることが多い。




自動車部門のほかにも航空宇宙部門がある。会社名が富士重工業からスバルに変わってからは学生の中ではあまり注目はされていないが、それでも該当する分野に関する知識を持っている人には有名な企業であることには変わりない。

自動車部門・航空宇宙部門に関係なく、SUBARUでは毎年の新卒の採用人数は200~300人ほどで推移している。技術系と事務系を合わせた数字であり、選考もぞれぞれ別々で実施されるが、合計すると人数は大企業としても多い方に入る。

倍率は30~50倍くらいか?

SUBARU

株式会社SUBARUからの正式な応募者数が公表されていないため、実際の倍率はどれくらいの数字になるのかは不明である。しかし、企業規模や人気度から考慮すると、最初の選考となる書類選考の時点での倍率は30~50倍くらいになると予想される。

技術系も事務系もどちらも応募者は多いのは間違いない。どちらか一方なら入社しやすいという現象はないものとみられる。

技術系は理系限定

ただし、技術系に関しては大学の教授からの推薦応募ができるようになっている。しかしも対象としている学部学科が主に工学系の理系学生に絞っていることもあり、大学で学んでいる内容によっては難易度はそれほど高くはない。

技術系で入社したいのであれば、自由応募ではなく推薦応募にすれば一般学生よりも内定を獲得できる確率は上がる。SUBARU自体の新卒の倍率は高い値になっているのは事実であっても、ちょっとした策を使えば就職難易度は下がる。

さらに、技術系の採用人数は150~200人ほどの場合が多い。理系学生が大量に入社できるという環境も確かに存在するといえる。



事務系は採用人数がたった20人前後

事務系については、対象としている学部学科は全学部全学科となっている。理系でも問題ないが、文系学生が多く応募する傾向にある。さまざまな大学や学部から応募できる反面、だれでも応募ができるという条件から倍率は高い傾向になり、難易度も高い。

しかも、技術系に比べて採用人数も少ない。事務系の採用人数は毎年20~30人ほどとなっている。数百人も入社する技術系とは対照的に大手企業の総合職よりも少ない人数となっている。

不景気の年で採用者数を絞る時期となると事務系の社員は10人以下しか採らないというケースもある。「就職氷河期」と呼ばれる時期の話ではあるが、ほとんど採用しないこともあるのがSUBARUの事務系の募集の特徴となっている。

文系の学生にとっては、SUBARUは狭き門になるかもしれない。したがって、最終面接に到達する前に不採用という結果になる確率はかなり高いと判断できる。

おすすめ記事